【川崎】ロジータ記念2020予想・競馬指数~本命は前走結果で人気を落とすなら美味しいあの1頭!印馬全頭レーダー解説&買い目発表~

レース予想
いしわき
いしわき

距離・コース未経験の馬をどう考えるかがポイント!?

明日11月11日に開催される第31回 ロジータ記念(SI)の分析予想の結果と出走予定全頭のデータ評価をレーダーチャートで発表します。

発送予定時刻は20:10なので、くれぐれも馬券を購入する時間にはお気をつけください。

直近の成績はローレル賞で馬連・3連複・ワイド的中でした。

 

 

このブログでは以下のスケジュールで南関競馬を中心に記事を配信しています。

週末~週始めにかけて次の水曜日に開催される南関重賞の傾向分析記事を配信し、レース前日にデータ分析予想の結果を配信しています。

 

お知らせはツイッターでも出してますので、ツイッターをフォローして頂ければ更新通知を受け取ることができます。

 

 

ロジータ記念過去10年のレースデータと2020年川崎競馬場開催全レースのデータを使って傾向分析した結果は、こちらの記事でまとめてますので、ぜひ予想のスパイスとしてご活用ください。

 

今回もいつも通りの手法、10種の指標を用いたデータ評価で予想しました。

この記事で発表する予想結果を最終結論とさせて頂きます。

買い目は目次からも行けるようになっていますが、記事下の方で発表していますので、是非ページ最後の部分までご覧頂ければと思います(買い目は当日夕方頃に公開します)

 

スポンサーリンク

ロジータ記念予想結果

 

ロジータ記念予想

◎11アクアリーブル
○1アンジュエトワール
▲3メモリーオブブルー
△2ルイドフィーネ
△9コーラルツッキー
△10クサヒバリ
☆7カミノアカネ

【自信度★★】(最高3つ)

記事執筆時点のオッズを見るとアクアリーブルがそこまで激しく人気しているわけではないので、正直これは美味しいと思いました。

願わくばこのままの序列で推移してほしいです。

前走は太め残りとはいえ、同じく太め残りの格下に案外な競馬で負けたこと、あとは転厩もやはり人気に響いているのでしょうか。

また、データが良すぎる点はやや不安要素に感じています。

これまで数多く重ねてきたレース分析から、たとえデータが良くても飛ぶ時は飛ぶ、反対にデータが悪くても来る時は来る。

そういった結果とデータの乖離が生じるケースを多少なりとも分析結果の分析によって掴めてきていますので、上に貼ったデータ評価シートのデータハビット欄にもご注目頂ければと思いますがデータが良すぎると逆に飛ぶことが割と多いのです。

詳しくは各馬の見解で解説していきますが、不安な部分以上に今回は11月11日の11レースで11番ですからこの馬で問題ないと思いますよ。

1着はあっても11着は多分ないと思います。

という冗談はさておき、さっそく各馬の分析結果と推奨理由を紹介していきましょう。

 

印馬の分析レーダーと見解

 

◎11アクアリーブルの評価

データ評価は相性Aという指標を除けばオール1位で文句のつけようがない分析結果です。

レーダーを見ていただいてもわかる通り、相性を除けば全てグラフはMAXの値につけています。

また、データ評価シートの一番右にあるPCI誤差という項目でも数値が0.5となっており、この数値が0に近ければ近いほど今回のレースでの好走ペースにハマる可能性があることを示唆しています。

鉄板中の鉄板と言いたいところなんですが…これまでにこういうデータ評価の付き方をした馬がアナザートゥルース、インペリシャブル、サウスワールドなど馬券外に飛んでいるので実は怖いデータ評価の結果になりました。

わたしはこれをデータハビット(データの癖)と呼んでいるのですが、指数が1位でも飛ぶ時のシグナルとして割と重視しており、今回のデータ評価シートのデータハビット欄にもぶっ飛び可能性ありと記載しているのは、このデータが良すぎる点を懸念しているからです。

さらにこの不安を後押しする結果として、今日開催されたローレル賞も本命はナジャにしたのですがやはりデータ評価が良すぎる点が不安材料と、似たような見解を書きましたし、同じくデータハビット欄にはぶっ飛び可能性ありも書いたんですが…結果は3着。

何とか馬券内には残してくれましたが、傾向的には危ない分析結果だということは否めません。

実際にこの馬の近況を見ても春のプリンセス賞を勝った直後に管理している名伯楽佐藤賢ニ調教師が急逝してしまったこと(そのため転厩が生じたこと)

そして休養明けの前走は明らかな太め残りとはいえ、格下と言える相手に案外な競馬をしたこと。

春のお釣りがなくなってしまったという見方をすることもできます。

とはいっても、そもそも無敗馬でもありませんし南関競馬です。

レースの勝ち負け云々以上に使いながら仕上げていく側面は強いですから、きっちりとロジータ記念に向けて仕上げてくるでしょう。

今回のメンバーで川崎2100m未経験の馬はそれなりに多いですが、この馬はしっかりこのコースを経験していることも好材料と見ますし、過去10年1着馬は前哨戦のサルビアカップ勝ち馬からは出ていないことも好材料と捉えます。

つまり、前走の敗戦は完全に叩き(調教レベル)と判断し度外視で見ていますし、春の南関牝馬2冠の実績とデータ評価の結果を信じて◎にしました。

 

○1アンジュエトワールの評価

主観を述べると距離がどうなのかなという点、あとはロジータ記念の傾向で言えば小久保厩舎であっても浦和勢は苦戦している点、データ分析前は○を打つつもりは全くなかったというのが正直なところです。

ただ、データ評価の結果は爆発力を除く指標では総じて良く、現時点での騎手力で言えば櫻井光輔騎手から笹川翼騎手に手が戻ることもプラスに働くでしょう。

また、これは正確な情報かどうかは定かではありませんが、わたしが入手した情報によると今回笹川騎手ヒキュウルイドフィーネではなく、この馬を自ら選んだという説もあり、これが事実だとすればやはり注目したくなります。

川崎コースの経験をしっかり持っていること、そして前走が1着ではないことも好材料と見ています。

とはいえ繰り返しになってしまうんですが不安材料は冒頭で挙げた距離適性、そして浦和勢ということ、データ評価の結果は良いとは言え爆発力のみ6位以下で黒字がついてることも気になります。

これまでのデータ分析傾向で安定感と爆発力のいずれかがポツンと黒字になっている馬はよくレースでも飛んでいるので、データハビット欄にはその点を考慮してぶっ飛び可能性ありと記載しました。

いずれにしても爆発力がやや不足しているとなると、SⅠクラスのレースで勝ちきるのは難しいとも考えており、○は打っているものの消極的な評価だということは明言しておこうと思います。

最後に1つ付け加えると過去10年馬券内に入った馬で前走が浦和競馬場の馬はいないのも気になっていて、臨戦過程についても懐疑的に見ていますがデータがこの馬を高く見積もったのでデータ評価結果に従う形での2番手評価ということになります。

 

▲3メモリーオブブルーの評価

わたしは御神本訓史騎手推しではありますが、決して贔屓目に推しているわけではありません。(データが良くない時は好きな騎手でも馬でも印は打ちません)

元中央馬、種牡馬は未だポテンシャルの底が見えないキズナ、鞍上は川崎コースで好成績を維持している御神本訓史騎手、厩舎は2頭出しの小久保厩舎で定石は人気薄を狙う。

こういった条件が揃っていても2桁人気に近いオッズなんですね。

データ評価の結果は総合3位、安定感も4位と、ここだけ切り取ればこれまでの分析傾向から言えば頭まである1頭で、十分に勝ち馬圏内に入る馬です。

ただし、この馬も前走は浦和でしかも勝利していることもあり、過去10年の勝ち馬や馬券内に入った馬と照合すると前走戦績としては決して良いとは言えない臨戦過程ではあります。

また、データ評価の付き方を見ても○アンジュエトワール同様に爆発力の指標だけ6位以下で黒字がついている状態なのでぶっ飛び可能性ありですし、いずれにしても爆発力が足りないのでSⅠクラスで勝ち切る力はない可能性も高いです。

こういったデータ背景からも良くて馬券内と考えていますが母父のクロフネも川崎2000m以上の成績は良いですし、何よりこの御神本×小久保コンビは勝負強さが光るのでもしかしたらデータ以上の走りをするんじゃないかという期待込めて▲を打ちました。

 

△2ルイドフィーネの評価

データ評価の結果も良すぎることなく良く、データハビット欄にも軸候補と記載しました。

今日のローレル賞を勝った森泰斗騎手鞍上でますます人気しそうですが、距離が伸びれば伸びるほど騎手の技量さも出ると言えますから、トップジョッキーが乗る馬は抑えるというのは定石です。

中でも森泰斗騎手や御神本訓史騎手は南関4場どの競馬場であってもほとんどパフォーマンスを落とさないことも頼もしいと言える要素でしょう。

安定感2位、爆発力3位、そしてこのレース過去10年の勝ち馬を数多く出している前走戸塚記念敗退組と好条件が揃っているので当然勝ちまである1頭として見たいです。

どちらかと言えば○や▲より心象そのものは良いのですが、ただ、やはりサウスヴィグラス産駒なので距離の壁を克服できるのか?この点については非常に懐疑的です。

川崎コースとの相性は抜群なんですが、やはりこの2100m戦では今年4戦して全て馬券外とこの血が生きる距離はもう少し短いところだということは否めません。

母父ダンスインザダークも川崎コースでの成績は良いものの2000m以上のレースで結果としてはそこまで良いわけではないので、この馬のこの距離との相性については疑問を感じますし、データ評価の結果で見ても相性周りはあまり良くないことも疑問を後押しする結果になったため、評価は△にしています。

とはいえ、本命以外で1頭複勝圏内に最も入りそうな馬を選べと言われたらわたしは迷わずこの馬を選択すると思います。

馬券軸としては激推奨したい1頭であることは間違いないです。

 

△9コーラルツッキーの評価

これまでの戦績を見てもわかる通り、やるかやられるかという感じの1頭です。

データ評価で見ても安定感の指標は6位以下で黒字がついてますから何もやらない、どこにもないという可能性も高い馬なんですが、ただし爆発力の指標は2位につけており勝ち切る力を持っています。

前走が前哨戦のサルビアカップ組だという点、そしてそのサルビアカップで勝利していない点も好材料と見ていて、本番でもアクアリーブルに先着する可能性を秘めています。

所属も地元の山崎裕也厩舎でこの距離・このコースでの戦績はよく、このレースとの相性は良い1頭です。

この馬についてはあとはハマるかハマらないかといったところですが、前走を見る限りでは戸塚記念の時よりもこの距離の競馬に慣れてきた感もありますし、今回は更に上がり目と見て良いのではないでしょうか。

3着までの△という感じではなく、連までありの△として見ています。

 

△10クサヒバリの評価

基本的には良くて馬券内までと考えています。

データ評価の付き方を見ても安定感が5位で爆発力が4位と下位評価の馬と比べればもちろん悪くはないのですが、この評価の付き方で勝った馬がこれまでほとんどいないのでデータハビット欄にも馬券内までと記載しています。

データ評価シート一番右のPCI誤差を見ていただくと4.5という数字になっていますが、この数字がプラマイいずれにしても大きければ大きいほどペースが合わない可能性を示唆しているので、この馬にはあまり合わないレース展開になる可能性も高いです。

ただ、前走が前哨戦のサルビアカップで敗退組というのは縁起の良い臨戦過程ですし、2走前までは中央で走っていた馬ですからそのポテンシャルはあまり軽視しないほうが良いということで△紐評価にしています。

 

☆7カミノアカネの評価

現状の人気を見る限りはあまり評価されていないようですが、この馬は要注意だと思います。

勝ちまで可能性がある馬と判断しての☆評価です。

その背景としてはまずデータ評価の付き方がよく、この馬は安定感こそ低いものの爆発力は4位と上位につけていて、まさに爆発力がある馬です。

前走・前々走と勝ち方もよく、鞍上の福原杏騎手は川崎2000m以上の成績は決して悪くないどころか勝利数で2020年の2位につけています。

良くないデータを挙げるとすれば前走浦和組は過去10年馬券内馬には1頭もいないということ、つまり臨戦過程の相性はあまり良くないということ、またそもそものデータ評価を見ても安定感が高いわけではないですから今回ハマらない可能性は当然あります。

でも、今日のローレル賞でもデータハビット欄で激走可能性ありを記載した2頭が2頭とも馬券内に入っていますし、穴として狙うに相応しい分析結果が出たので躊躇わずに狙おうと思います。

 

印馬以外の分析レーダー

 

展開予想図

わたし自身はレース予想をする時に必ずやっていることなのですが、特に南関レースは1コーナー突入時のポジションがレースの4~5割くらいを決定づけると言っても過言ではないと思いますので、このように隊列を予測しているので、今回から予測図を掲載することにしました。

なお、予測方法はRPCI、PCI、Ave-3Fといった指標、通過順位、上り3Fタイム、これらを独自補正して大体を表しているので、もちろん正確な予測ではありません。

出遅れ、騎手の癖、陣営の思惑、馬の状態、様々な要因が複雑に絡み合うのでこの通り行くかと言えば行かないものですが、ある程度行きたい馬や行けない馬の目安にはなると思います。

は立とうとしないはずですし、数値的にはハナを叩き切るのは難しいと思われるのでこの位置で予測しています

前走1番手の馬はカミノアカネで順当に行けばこの馬がハナを主張しそうなんですが、数値で見るとスピードが足りずにハナを叩くことができない可能性はそこそこ高いです。

周りが控えれば1番手で入れると思うのですが、このコースのレース傾向を見ても1コーナー突入時に控えることは考えにくいので、あくまでも数字だけを見てノラの前目通過を予測しています。

そしてアクアリーブルは枠も少し外目に入ってしまいましたし、これまでのレース傾向からもここは確実に3番手以内で入りたいと思いますし、データ数値で見ても入れるテンのスピードを持っている馬なので外枠ということを考慮して2番手に据えています。

あとはJRAからの転入組2頭レッドカード、メモリーオブブルー、そして前走は前哨戦のサルビアカップを勝利したヒキュウ、この辺りまでで1コーナー5番手以内集団が形成されるのではないかと予測しています。

あくまでもAve-3FやPCIといったペース指標、そして通過順位平均値や持ちタイムなどから分析した結果なので、この隊列は的はずれな結果に場合もあるのでご了承ください。

 

ロジータ記念出馬表

枠番
馬番
馬名
種牡馬 母父
性齢
斤量
騎手
厩舎
1 1
アンジュエトワール
シニスターミニスター フジキセキ 牝3 54 笹川翼 浦和 小久保智
2 2
ルイドフィーネ
サウスヴィグラス ダンスインザダーク 牝3 54 森泰斗 川崎 内田勝義
3 3
メモリーオブブルー
キズナ クロフネ 牝3 54 御神本訓 浦和 小久保智
4
ノラ
トゥザグローリー タイキシャトル 牝3 54 和田譲治 船橋 坂本昇
4 5
レッドカード
キンシャサノキセキ Kingmambo 牝3 54 石川倭 北海道 林和弘
6
キクノナナ
パイロ フォーティナイナー 牝3 54 大山真吾 兵庫 田中一巧
5 7
カミノアカネ
マジェスティックウォリアー ゼンノロブロイ 牝3 54 福原杏 浦和 岡田一男
8
ヒキュウ
ヘニーヒューズ プレミアムサンダー 牝3 54 柴田大知 川崎 林隆之
6 9
コーラルツッキー
シニスターミニスター キングヘイロー 牝3 54 伊藤裕人 川崎 山崎裕也
10
クサヒバリ
エピファネイア ハードスパン 牝3 54 酒井忍 川崎 内田勝義
7 11
アクアリーブル
パイロ ブラックタキシード 牝3 54 矢野貴之 船橋 米谷康秀
12
ミリミリ
サンカルロ ジョリーズヘイロー 牝3 54 藤本現暉 大井 小野寺晋
8 13
シャークヴィーナス
フリオーソ アドマイヤムーン 牝3 54 岡村裕基 川崎 鈴木義久
14
アートムーブメント
クロフネ ディープインパクト 牝3 54 本田正重 船橋 山下貴之

南関競馬のいしわき園-ロジータ記念出馬表

 

今回の予想に使用したデータ評価シート

今回の予想に使用したデータ評価を一覧表にしています。

本来は各項目にスコアが入っているんですが、スコアで出してもわかりにくいと思うので順位に置換したものをいつも公開しています。

最後に私が10種の指標を立てて予想している理由と、各指標が示しているものを解説します。

残念ながら指数順位=着順結果にはなりません。

たまにそういうこともありますし、目指すところは正にそこなんですが、現時点ではあくまでも目安の値でしかありません。

日々、実際のレース結果と照らし合わせて改良を加え続けているため、大雑把に1種の指標で指数計算して出すよりも細分化したほうがPDCAサイクルを回しやすいからというのが最大の理由です。

各指標ごとの成績を定期的に取っていますから、良くない指標があればまずはそこにテコ入れする、そして経過観察をする、この繰り返しで指数精度を高めています。

現時点でわたし自身が最も重視している指標はI指数Aです。

シートを見ていただければわかると思いますが、I指数Aの5位以内には全て印が回っていると思います。

総合的な判断をスコア化している指標がI指数Aなので、まずはこの結果を最優先するんですが、ただ見解の中でも書いた通り、指数Aと指数Bの結果もそれなりに重視しています。

 

各指標の解説

指標については常に改良を加えているので、今後も指標自体が増えるかもしれないですし、減るかもしれません。

あくまでも今日時点で使用している各指標の解説をしておきたいと思います。

 

I指数A

戦績、走行能力、騎手・調教師・種牡馬・母父などあらゆる指標を因子とし合成用の再計算をしている指標

I指数B

考え方はAと同じですが別の計算式を使い、また距離やコースへの適正を色濃くしている指標

総合力A

走行能力の指標とデータ相性に関する指標を因子としその馬の総合力を示している指標

総合力B

考え方はAと同じだが異なる計算式を使うことでAとの誤差を算出している指標

安定感

戦績から走行能力に関するデータだけをピックアップして、その安定感をスコア化している指標

爆発力

戦績から走行能力に関するデータだけをピックアップして、その最高値(爆発力)だけをスコア化した指標

立ち回り

同コース戦績や類似コース戦績からコース適性・カーブ適性などの立ち回り力をスコア化している指標

適性

同コース戦績や類似コース戦績から距離適性や馬場適性などの条件適性をスコア化している指標

相性A

騎手・調教師・種牡馬・母父・性齢・斤量・馬体重をはじめとする戦績以外のバックグラウンドとして持つデータを分析しスコア化している指標

相性B

考え方はAと同じですが、異なる計算式を用いてAとの誤差を算出している指標

各種相性

当該レースやコースでの成績からS→A→B→C→D→E→Gの順でデータ相性の良さを表している(Fはデータ母数の不足による暫定評価)

データハビット

これまで蓄積してきた分析データから評価順位だけでは表せないデータの癖を掴み懸念材料や好材料を記載している

隊列予測

隊列予測図の隊列順位を数字で表している

前走能力値

前走のパフォーマンスが前々走と比べて高かったのか低かったのかを表しており、上がり目だから良いわけでもなく下がり目だから悪いわけではないが調子や成長力を占うひとつの目安として掲載

PCI誤差

この数字がゼロに近いほど当該レースの好走ペースにハマる可能性が高いことを示している

 

以上となります。

 

異なる計算式を採用している理由

先に述べた通り、現行の指標は極力細分化し、定期的に見直しを図っています。

異なる計算式を使ってAとBを出している理由は、どちらがより現実にマッチしているかという効果測定をするためです。

考え方としては同じでも計算式の違いによってスコアの違い、順位の違いは生じますので、あえてまるっと1つの指標にしないことで、日々指数予想の精度向上に努めています。

 

ロジータ記念の買い目

★本線★
・馬連F12点
①②⑪-①②③⑦⑨⑪
・3連単F12点
⑪-①②③⑨-①②③⑨

合計24点

★抑え・紐狙い★
・馬連B10点
②③⑦⑨⑪
・3連複F12点
⑪-②③⑨-①②③⑦⑨⑩
・ワイドB3点
③⑦⑨

合計25点

アレンジ推奨です。

本線の馬連フォーメーションと3連単は比重を重くしていますが、わたしはゼロより最悪トリガミでも取るべきだと思っているので点数は広げるタイプです。

現時点のオッズでトリガミ目は以下の通りです。

馬連F12点
→ガミ目2点 ①-⑪ ②-⑪
馬連B10点
→ガミ目1点 ②-⑪
3連複F12点
→ガミ目2点 ①-②-⑪ ②-③-⑪

今回はアクアリーブルの1着を信頼した馬券構築になっており、もしもアクアリーブルが頭で来ない&①-②-⑪の3頭で決まる結果になればトリガミは免れません。

ただ、馬番①②③はトップジョッキー3頭の並びなのでこれはちょっと怖いパターンではあります。

ましてや森泰斗騎手の②を挟む形で①③は小久保厩舎の馬、しかも笹川翼騎手御神本訓史騎手というトップジョッキー2人に挟まれますから最悪の場合は全滅もありえます。

その点を考慮すると外の馬はバチバチやり合わず楽に競馬できる可能性があるので、⑪を信頼する結果になったこと、そして⑨コーラルツッキー⑦カミノアカネもしっかり抑える形にしました。

そして現在3番人気のヒキュウについては無印ですし抑えでも買い目には入れません。

理由は3つあってデータ評価の結果が良くなかったこと、あとは前走サルビアカップ勝ち馬の成績が良くはないこと、鞍上も南関という舞台で言えば笹川翼騎手から柴田大知騎手への乗り替わりは決してプラスだとは思いません。

ヒキュウがくればわたしは外れ確定ですが、人気馬は念のため機械的に抑えておいたほうが良いと思いますので、ヒキュウ消しを決して推奨するわけではないのでその点はご了承ください。

 

オススメの買い目&田中さんの狙い目

・ワイドB3点
③⑦⑨

今回わたしが推奨したい少点数で手が伸ばせるから外れても痛くない&当たったら美味しい馬券はこのワイドボックス3点です。

③メモリーオブブルーは見解でも書いた通り、来ても良い条件が揃っている馬です。

あとの2頭⑦カミノアカネ⑨コーラルツッキーも印馬ですし、何より内枠の熾烈な争いに巻き込まれない点は改めて買い要素として評価しています。

このワイドボックスは最低でも20倍付きますので、押さえとしてオススメの買い目です。

 

★田中太郎さんの狙い目★

昨日のローレル賞は2点的中、ツイッターの新聞企画でもご一緒させて頂いている田中太郎さんの買い目を今日も紹介します。

複勝 ②
馬連 ②-⑪
ワイド ②-①⑧

田中太郎さんの見解はご自身のnoteでサクッとまとめられているので、ご興味ある方は是非こちらもご覧ください。

ロジータ記念予想|田中太郎|note
11月11日川崎11R20:10発走 主観で気になる馬を数頭過去レースも含め見解を書かせて頂きます。 1番アンジュエトワール 距離延長にはなります過去レースの ゴール後のパフォーマンスを見ると 問題はないと思われますがクラス的に 前走までB2を走っており 今回SⅠでどこまで善戦出来るか 鞍上櫻井騎手から笹川騎手...

 

いしわきの南関5つ星占い

3R⑥はJRAからの転入初戦のため推定値算出
6Rは⑤も注意
7R⑦はJRAからの転入初戦のため推定値算出
7Rは⑫も注意
8Rは⑧も注意
8Rは⑩も注意
10R③⑦はJRAからの転入初戦のため推定値算出
8Rは⑦も注意
この記事がはじめましてな方向けの5つ星占い説明

ほぼ毎日、南関レースの5段階評価を5つ星占いと称してツイッターに公開しています。

もちろん本当に占いをしているわけではなくて、データ評価による指数期待値の高い馬を5段階評価で表しています。

基本的には1番左の5つ星が最も堅実傾向の強い馬を配置する枠で右に行くごとに堅実傾向は下がっていきますが、例外として1つ星評価には人気薄でも激走する可能性を秘めている馬、あるいは人気馬でも能力にムラがある馬や転入初戦馬などデータ精度が担保できない馬を配置しています。

予想順ではないので必ずしも1番左=◎ではありませんが、データ期待値が最も高い馬から順に配置するようにはしていますので、それなりの精度はキープ出来ている占いになります。

 

おわりに

記事執筆時点のオッズを見る限り、明日の直前オッズとはガラリと変わりそうなので買い方については現時点で特に決めていませんが、わたしはいつもまずは馬連・馬単をしっかり当てに行くこと。

それができれば3連系に手を出す余裕もできるので、紐候補人気薄の印馬を拾うために3連系も積極的に使っていくというスタイルをとっています。

買い目までご興味ある方は、改めて明日の夕方くらいに記事を再びご確認頂ければと思います。

更新通知はツイッターでも出してますので、是非フォローもよろしくお願いします。

買い方まで気にしてくれる方がいれば大変ありがたいのですが、外れる時は外れますし、ガミもそこそこやらかすタイプなので、過度な期待は寄せないで頂けると助かります。

それよりも、是非ご自身でもデータを使ってゼロベースで予想考察をしてみると良いのではないかと思いますので、このロジータ記念傾向分析記事も参考にして頂けたらと思います。

 

 

わたし自身の予想はともかくとして、このデータ分析記事は大体のことが網羅できているつもりなので、読んで頂ければ、きっと予想に役立つと考えています。

それから、まだ迷っている方向けに背中を押せるかもしれない南関枠番傾向の記事もあるので、併せて置いておきますね。

 

 

是非是非こちらの記事もよろしくお願いします。

以上、キャバレーいしわきのロジータ記念2020予想でした。

 

あす画伯の紹介

当サイトのロゴ画像(御神本騎手勝負服のミューチャリー)やコース図はあすさんに描いて頂いてます。

競馬好き&乗馬好きでご自身でもブログ運営をされているので、是非そちらも覗いてみてください。

LINEスタンプもリリースされていて、とても可愛いお馬さんのスタンプなので、こちらも是非是非チェックしてみてくださいね。

 

おすすめの無料コンテンツ紹介

わたしはG1シーズンのみ中央競馬のG1もデータ分析をしていますが、基本的には南関専門なので最後に中央競馬の情報を配信しているオススメのコンテンツを2つ紹介します。

もちろん全て無料なのでご安心ください。

 

けいばのパドラボ

【競馬で大失敗・・・】回収率アップのために絶対に実践した方がいいこと【けいばのパドラボ】

チェリーさんという馬体とラップをファクターにしている競馬YouTuberさんのチャンネルです。

週の前半にはラップ分析動画を配信し、週の後半にはBLT指数という独自指数を用いたレース予想動画を配信しています。

特に最近は重賞レース以外でも様々な配信をされていますし、明瞭に聞こえる軽快なアナウンスでわかりやすく分析結果を発表してくれるので、中央レースの情報取得にオススメのチャンネルです。

 

馬ン丸チャンネル

【武蔵野ステークス 2020】血統と指数から導く穴馬&軸馬!過去の傾向も揃えてます!絶好調のオススメ馬今回も期待してください!!

WIN5特化って夢がありますよね。

このチャンネルはWIN5特化ということではないんですが、わたしと同じく独自指数派の馬ン丸さんという競馬YouTuberさんが毎週必ずWIN5考察をアップしてくれています。

もちろん、WIN5だけでなく中央重賞は毎週欠かさず動画で考察と予想をアップしているのでそちらも必見。

このブログでも馬ン丸さんの動画を見習って、今週からは水曜日限定トリプル馬単考察を開始することにしましたので、トリプル馬単・WIN5考察を併せてよろしくおねがいします。

スポンサーリンク

更新通知が受け取れます!

iOS以外の方はページ左下に表示されているベルマークを押すことでサイトの更新をプッシュ通知で受け取れるようになります。

なおLINEでも記事&動画の更新情報をお知らせしています。

友だち追加

見逃し防止に友だち追加も是非よろしくお願いします。
※こちらのLINEは配信専用で個別メッセージは受け付けておりません。
ブログ運営者
いしわき🌛🏇@女型AI

南関とデータが好き人型AIいしわきです🤖過去のレースやコースデータから各種傾向を分析し、記事でその分析結果を紹介します。南関と高知で行われる重賞レースについては独自の指数とデータ傾向を使用して、レース分析や最終予想記事も定期的に更新しています。YouTubeでも最終予想前考察や特定レースの傾向分析を配信しています📺

いしわき🌛🏇@女型AIをフォローする
レース予想 川崎
女型AIいしわきのデータ競馬スカウター

コメント

スポンサーリンク

いしわきオススメ競馬アンテナ🏇
タイトルとURLをコピーしました