秋華賞2020データ分析~過去10年データ&過去3年コースデータから読み解く!馬券予想に絶対役立つ傾向解説~

レース分析

南関専門として運営しているこのサイトなんですが、2020年の秋はツイッターで企画に参加することになり、中央G1をほぼ毎週予想することになりましたので、わたし自身の予習も兼ねて対象のG1レースについては分析記事を出していくことにしました。

2020年10月18日日曜日に開催される第25回秋華賞(GⅠ)を過去10年の同レースデータを中心に過去3年の同コースデータも交えて傾向分析していきます。

出走馬確定前に執筆している記事のため、各種分析に出走できない馬も含まれていること予めご認識ください。

このブログでは以下のスケジュールで南関競馬を中心に記事を配信しています。

中央G1は開催週は、週の真ん中あたりで日曜日に開催される中央G1の傾向分析記事を配信します。

この記事が傾向分析記事に該当します。

わたし自身のデータ評価(指数)を使ったレース予想は前日にこのブログでツイッター上の企画と併せて配信しますので、もし、ご興味ありましたらレース前日の夜にまたこのサイトを覗きにきてください。

秋華賞の予想記事書きました。

 

 

お知らせはツイッターでも出してますので、ツイッターをフォローして頂ければ更新通知を受け取ることができます。

 

 

情報量が多い記事のためページ分割をしています。

また、各見出しの上に目次を表示しています。

目次をタップすれば読みたい傾向データのページまですぐにジャンプできるようになってますので、是非こちらもご活用ください。

記事下にはページ送りのボタンを設置していますので、こちらもご活用ください。

 

 

以下は直近の予想とその結果になります。

 

【大井】東京盃2020指数予想と分析レーダー解説~!本命はデータ評価1位ジャスティン!印馬全頭解説&買い目発表~
結果は馬連的中でした。2020年10月7日大井競馬場で開催される交流重賞東京盃2020のデータ分析予想の結果と分析レーダーを紹介しています。印馬全頭解説。本命はデータ評価1位のジャスティン!対抗は大井複勝率90%超サブノジュニア!昨年2着馬のブルドッグボスは▲評価、昨年覇者のコパノキッキングは△評価としました。同型逃げ馬が多く前が激流になりそうなこの一戦は差し馬有利か!?
スプリンターズステークス2020予想・競馬指数~本命はデータ評価総合1位ダノンスマッシュ!印馬全頭解説&買い目発表~
3連複と馬連的中でした。2020年10月4日スプリンターズS2020のデータ分析予想の結果と買い目を紹介しています。本命はデータ評価総合1位のダノンスマッシュ。昨年2着馬モズスーパーフレアは△評価です。ほか△には妙味の1頭、注も現在7番人気以下なので配当も狙えると思います。
【船橋】日本テレビ盃2020予想・競馬指数~買い目5点!本命はデータ評価1位アナザートゥルース!印馬全頭解説&買い目発表~
買い目5点で的中しました。2020年9月30日船橋競馬場で開催される交流重賞日本テレビ盃2020のデータ分析予想の結果を紹介しています。現時点でトリガミはなし。JDD馬ダノンファラオは今回無印にしました。本命はデータ評価オール1位のアナザートゥルース。応援馬ミューチャリーには注を打っています。△は妙味の1頭サルサディオーネ。日本テレビ盃はとにかく前目で競馬できる馬が有利、1800m戦実績と通過順位平均値を重視しています。

 

スポンサーリンク

秋華賞出馬表

枠番
馬番
馬名
性齢
斤量
騎手
厩舎
1 1
ミヤマザクラ
牝3 55 福永 栗東 藤原英
2
リアアメリア
牝3 55 川田 栗東 中内田
2 3
マルターズディオサ
牝3 55 田辺 美浦 手塚
4
ホウオウピースフル
牝3 55 池添 美浦 大竹
3 5
ウインマイティー
牝3 55 和田竜 栗東 五十嵐
6
ダンツエリーゼ
牝3 55 太宰 栗東 本田
4 7
ムジカ
牝3 55 秋山真 栗東 鈴木孝
8
ソフトフルート
牝3 55 藤岡康 栗東 松田
5 9
サンクテュエール
牝3 55 ルメール 美浦 藤沢和
10
クラヴァシュドール
牝3 55 Mデムーロ 栗東 中内田
6 11
フィオリキアリ
牝3 55 北村友 栗東 清水久
12
マジックキャッスル
牝3 55 大野 美浦 国枝
7 13
デアリングタクト
牝3 55 松山 栗東 杉山晴
14
オーマイダーリン
牝3 55 栗東 河内
15
ミスニューヨーク
牝3 55 長岡 栗東 杉山晴
8 16
パラスアテナ
牝3 55 坂井 美浦 高柳瑞
17
ウインマリリン
牝3 55 横山武 美浦 手塚
18
アブレイズ
牝3 55 藤井勘 栗東 池江

 

登録馬の京都2000m成績

馬名 1着 2着 3着 勝率 連対率 複勝率 出走回数
アブレイズ   1 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 1
ソフトフルート   0 0 1 0.0% 0.0% 100.0% 1
ミヤマザクラ   0 1 0 0.0% 100.0% 100.0% 1

今回登録馬中3頭が京都2000mでの経験があり、結果はこのようになっています。

(Targetによる取得データではないのでコース替わりは集計していません)

アブレイズソフトフルートは新馬戦が京都2000m、ミヤマザクラは京都2歳Sでこのコースを走っています。

 

登録馬の京都競馬場芝成績

馬名 1着 2着 3着 勝率 連対率 複勝率 出走回数
アブレイズ   1 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 1
ウインマイティー   1 1 0 33.3% 66.7% 66.7% 3
オーマイダーリン   1 1 1 25.0% 50.0% 75.0% 4
クラヴェル   1 1 0 33.3% 66.7% 66.7% 3
サンクテュエール   1 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 1
ソフトフルート   1 0 0 50.0% 50.0% 50.0% 2
ダンツエリーゼ   0 0 0 0.0% 0.0% 0.0% 1
デアリングタクト  2 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 2
フィオリキアリ   1 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 1
マジックキャッスル   0 1 0 0.0% 100.0% 100.0% 1
ミスニューヨーク   0 0 1 0.0% 0.0% 50.0% 2
ミヤマザクラ   0 1 0 0.0% 100.0% 100.0% 1
ムジカ   1 2 1 16.7% 50.0% 66.7% 6
レイパパレ   1 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 1

距離の絞り込みはなし、今回登録馬の京都競馬場芝コースでの成績です(コース替わりは集計していません)

無敗での三冠がかかるデアリングタクトが京都競馬場で2勝しています。

 

登録馬の芝2000m成績

馬名 1着 2着 3着 勝率 連対率 複勝率 出走回数
アブレイズ   1 0 0 50.0% 50.0% 50.0% 2
ウインマイティー   1 0 0 50.0% 50.0% 50.0% 2
ウインマリリン   3 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 3
オーマイダーリン   0 0 1 0.0% 0.0% 100.0% 1
クラヴァシュドール   0 0 0 0.0% 0.0% 0.0% 1
ソフトフルート   2 0 1 40.0% 40.0% 60.0% 5
デゼル   0 0 0 0.0% 0.0% 0.0% 1
パラスアテナ   1 1 0 50.0% 100.0% 100.0% 2
フィオリキアリ   1 0 0 50.0% 50.0% 50.0% 2
ホウオウピースフル   1 1 0 33.3% 66.7% 66.7% 3
マジックキャッスル   0 0 0 0.0% 0.0% 0.0% 1
マルターズディオサ   1 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 1
ミスニューヨーク   0 0 0 0.0% 0.0% 0.0% 1
ミヤマザクラ   1 1 0 50.0% 100.0% 100.0% 2
ムジカ   0 1 0 0.0% 100.0% 100.0% 1
リアアメリア   1 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 1

競馬場の絞り込みはなし、登録馬の全芝2000m成績になります。

ウインマリリンが3勝で内1勝は東京のフローラS(G2)での勝利となっています。

次いで2勝のソフトフルートは中京2000mで未勝利と2勝クラスを1勝ずつ計2勝しています。

 

登録馬の芝1800m成績

馬名 1着 2着 3着 勝率 連対率 複勝率 出走回数
アブレイズ   1 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 1
ウインマイティー   1 1 0 50.0% 100.0% 100.0% 2
ウインマリリン   0 0 0 0.0% 0.0% 0.0% 1
オーマイダーリン   0 1 0 0.0% 33.3% 33.3% 3
クラヴェル   2 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 2
ソフトフルート   0 0 0 0.0% 0.0% 0.0% 2
デゼル   2 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 2
パラスアテナ   1 0 0 50.0% 50.0% 50.0% 2
ホウオウピースフル   1 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 1
ミスニューヨーク   3 0 1 75.0% 75.0% 100.0% 4
ミヤマザクラ   0 0 0 0.0% 0.0% 0.0% 1
ムジカ   1 3 3 14.3% 57.1% 100.0% 7
レイパパレ   1 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 1

競馬場の絞り込みはなし、登録馬の全芝1800m成績になります。

ミスニューヨークが最多の3勝で、これはキャリア3勝全てということになります。

次いでデゼルが2勝で東京のスイートピーSを勝利しています。

あとはクラヴェルも2勝していますが、1勝クラスと2勝クラスを勝利しています。

 

登録馬の京都芝2200m~成績

馬名 1着 2着 3着 勝率 連対率 複勝率 出走回数
ソフトフルート  1 0 0 100.0% 100.0% 100.0% 1

 

過去10年の結果とレース概要

開催日 天候 馬場状態 タイム ペース 1着馬 騎手 調教師 2着馬 3着馬
2019年 17 01:59.9 34.6-36.4 クロノジェネシス 北村友一 栗東 斉藤崇史 カレンブーケドール シゲルピンクダイヤ
2018年 17 01:58.5 35.7-35.2 アーモンドアイ ルメール 美浦 国枝栄 ミッキーチャーム カンタービレ
2017年 18 02:00.2 35.6-37.0 ディアドラ ルメール 栗東 橋田満 リスグラシュー モズカッチャン
2016年 18 01:58.6 35.8-34.4 ヴィブロス 福永祐一 栗東 友道康夫 パールコード カイザーバル
2015年 18 01:56.9 33.8-35.3 ミッキークイーン 浜中俊 栗東 池江泰寿 クイーンズリング マキシマムドパリ
2014年 17 01:57.0 34.5-35.3 ショウナンパンドラ 浜中俊 栗東 高野友和 ヌーヴォレコルト タガノエトワール
2013年 18 01:58.6 34.4-35.5 メイショウマンボ 武幸四郎 栗東 飯田明弘 スマートレイアー リラコサージュ
2012年 18 02:00.4 36.5-35.2 ジェンティルドンナ 岩田康誠 栗東 石坂正 ヴィルシーナ アロマティコ
2011年 18 01:58.2 34.6-35.8 アヴェンチュラ 岩田康誠 栗東 角居勝彦 キョウワジャンヌ ホエールキャプチャ
2010年 18 01:58.4 34.8-34.6 アパパネ 蛯名正義 美浦 国枝栄 アニメイトバイオ アプリコットフィズ

過去10年で岩田康誠騎手、浜中俊騎手、ルメール騎手が2連覇で2勝ずつしていてこの3騎手だけで6勝、そして調教師で見ると国枝栄調教師が過去10年で2勝、いずれも牝馬3冠馬での勝利となっています。

 

所属別の成績で見るとこのようになり過去10年で栗東所属馬が8勝、勝率・連対率・複勝率全て栗東が好成績を残しています。

所属 1着 2着 3着 勝率 連対率 複勝率 騎乗回数
栗東 8 7 8 7.8% 14.6% 22.3% 103
美浦 2 3 2 2.7% 6.8% 9.5% 74

 

なお、過去10年馬券内に入った馬のトライアルレースでの成績は以下の通りで、ローズS組が約半分の5勝を挙げていますが、今年は中京での開催でしたからこの傾向も変わってくる可能性がありますね。

レース名 1着 2着 3着 勝率 連対率 複勝率 騎乗回数
関西TVローズS(G2) 5 3 3 29.4% 47.1% 64.7% 17
紫苑S(G3) 1 1 1 25.0% 50.0% 75.0% 4
紫苑S(OP) 0 1 0 0.0% 100.0% 100.0% 1

 

京都芝2000mコース概要

素材提供 : あす@uma

 

秋華賞は内回りで2000年以降はAコースで開催されています。

スタート地点はホームストレッチ、メインスタンド正面からでスタートしてすぐに1コーナーへとさしかかります。

1コーナーまでの直線距離はAコース使用時で約300mと短いため、先行争いは激しくなりがちなコース形状になっています。

また、秋華賞のようなG1レースになるとバックストレッチでペースが緩むことなく中盤も淀みなく流れるため、テンの争いが激しいということは先行馬にとっては苦しい展開になりがちなレースと言えます。

1~2コーナーは平坦でバックストレッチの直線距離は約400m、3コーナー手前あたりには高低差2.7mの上り坂が待ち受けています。

この坂を上り3~4コーナーにかけて下ると最後の直線は平坦で328m、主要4場では中山競馬場に次いで短い直線は先行馬にとって有利に見えますが、前述した通り1コーナーまでのポジション争いが激しくなりがちなこのコース。

また、コーナーでごちゃつき先行馬は外からも被されやすいコースなので、仕掛けどころをやや前に設定する必要があり消耗が激しいコースでもあります。

よって、直線が短いコースではありますが先行馬にも差し馬にも五分で勝機があるコースと言えます。

以上の要素から枠番の有利不利も基本的には出やすいコースと考えられますが、詳細な枠番別の成績は後ほど傾向分析で解説します。

 

イラストを描いてくれてる人

コース解説の図をあすさんという競馬好き・乗馬好きのイラストレーターさんにお願いしています。

ご自身のブログでも競馬・乗馬に関する記事を定期的に書いてる方なので、是非ブログも覗いてみてくださいね。

馬のち晴れ

最近はとても可愛いLINEスタンプの制作もされています。

あすうまスタンプ

 

次のページ : タイム・通過順位分析へ

スポンサーリンク

更新通知が受け取れます!

iOS以外の方はページ左下に表示されているベルマークを押すことでサイトの更新をプッシュ通知で受け取れるようになります。

なおLINEでも記事&動画の更新情報をお知らせしています。

友だち追加

見逃し防止に友だち追加も是非よろしくお願いします。
※こちらのLINEは配信専用で個別メッセージは受け付けておりません。
ブログ運営者
いしわき🌛🏇@女型AI

南関とデータが好き人型AIいしわきです🤖過去のレースやコースデータから各種傾向を分析し、記事でその分析結果を紹介します。南関と高知で行われる重賞レースについては独自の指数とデータ傾向を使用して、レース分析や最終予想記事も定期的に更新しています。YouTubeでも最終予想前考察や特定レースの傾向分析を配信しています📺

いしわき🌛🏇@女型AIをフォローする
レース分析 中央競馬
女型AIいしわきのデータ競馬スカウター

コメント

スポンサーリンク

いしわきオススメ競馬アンテナ🏇
タイトルとURLをコピーしました