【川崎】戸塚記念2020予想・競馬指数~本命はインペリシャブル!データ評価は堂々1位!印馬全頭徹底解説&買い目発表!

レース予想

明日2020年9月15日火曜日に大井競馬場で開催される第49回戸塚記念(SI)のデータ分析予想の結果を発表します。

発送予定時刻は20:10なので、くれぐれも馬券を購入する時間にはお気をつけください。

戸塚記念過去10年のレースデータから分析した傾向および川崎競馬場の2020年傾向(全503レースを対象にデータ分析を実施)はこちらの記事で分析結果をまとめてますので、ぜひ予想のスパイスとしてご活用ください。

【川崎】戸塚記念2020データ分析~過去データ&コースデータから読み解く!予想に絶対役立つ傾向解説~
2020年9月16日川崎競馬場で開催される重賞戸塚記念2020のデータ分析記事です。枠順、出馬表、過去10年同レースデータ&2020年1月1日から9月2日までの開催全503レースから傾向を分析しています。情報量の多さは25,000字超!教科書レベルの分厚さをモットーとする分析記事です。これを読めばレースの傾向把握は間違いなくバッチリ!

ツイッターではいつも事前分析したレースのみ、予想と買い目、あとはデータ評価シートをアップしていますが、今回もいつも通りの手法を使って7種の指標を用いたデータ評価で予想しました。

基本的にこの記事の予想から大きく変えることはないと思いますが、わたしの予想スタイルはデータ分析+パドック診断になりますので、当日のパドック後に最終結論を出す流れです。

最終結論では微細な印順の変更、あるいは無印馬でもパドックが良ければパドック推奨馬として挙げることもありますし、印をデータ予想より削る場合もあります。

この記事で発表する予想はあくまでもデータプレ予想になりますので、印は消しすぎず◎○▲△△☆注の7頭紹介します。

当日のパドック後はもう少し印を削れる場合もあると思いますので、是非ツイッターのフォローもよろしくお願いします。

最終予想はツイッター上にアップしています。

 

スポンサーリンク

戸塚記念2020の予想結果回顧

印でいえば問題ない予想だったんですが、買い目は外してしまいました。

これはちょっともったいなかったですね。

インペリシャブルに対して強気の評価をしすぎてしまいました。

まさかあそこまでハナを主張し合う展開になるとはちょっと考えていなかったのですが、前走は状態が良かったからこその番手競馬で、今回は前走に比べても仕上がりはやはり今ひとつだったのかもしれないですね。

今ひとつだったからこそハナを叩いて道中で一拍置きたかったのかもしれませんが、ファルコンウィングは傾向的にもハイペースの競馬をしたがる左海騎手が今回は鞍上でしたから、やはり譲ってくれませんでしたね。

インペリシャブルの状態は馬体重こそ+1kgで出てきましたが、新聞でカイ食いが落ちているといった情報も目にしましたし、パドックの状態も確かにイマイチな感じに見えました。

ティーズダンクはツイートにもあるようにパドックでの状態も良く見えましたし、さすが王道クラシック路線組という感じで強い競馬でした。

前走の勝ち方が抜群に良かった馬が沈む展開がここのところ多いように感じますし、なんとなく嫌な予感がする馬っていますよね。

ただ、論拠が示せないのでデータ評価を重視するのは当然なんですが、勝ち方が良い馬は必然的にデータ評価で上位にきてしまいます。

でも、いわゆるぶっとび指数的な概念、割り引く材料として確かな指標の設定も考えていく必要があると思いました。

来週以降のデータ評価では、そういった要素も徐々にではありますが加えていこうと考えています。

 

戸塚記念2020予想

◎14インペリシャブル
○11ティーズダンク
▲4ファルコンウィング
△8ルイドフィーネ
△10デスティネ

☆2ヴァケーション
注13ウタマロ

 

以下、各印馬に対するわたしの見解をまとめていますが、見解中によく出てくるデータ評価については、記事の後半にデータ評価シートというものを貼り付けた上で詳しく解説しています。

是非、データ評価の順位と照らし合わせながら印馬への見解をご確認頂ければと思います。

 

◎14インペリシャブルへの見解

先に不安要素を挙げると黒潮盃1着馬の成績がさほど良いレースではないこと、また前走の勝ちタイムによる反動は大丈夫なのかということ。

前走黒潮盃を快勝した理由として、内臓系の体質改善による馬体の成長などを高月調教師がコメント出していましたが、元々は体質が弱かった馬と考えれば連戦で状態をちゃんとキープできるのか。

そこだけは不安材料として捉えています。

しかし、前走の勝ち方は強くないと出来ない勝ち方だと思いますし、前々走では古馬相手に2着している点からも強さに関しては疑いようないと思っています(1着はベストマッチョ、その差は1.1/2だったことからも力を示せています)

分析評価で見ても走行能力の安定感を示す指標で2位、最高値を示す指標で1位、総合評価では堂々1位、そして全ての指標で3位以内につけていますから、データ評価上は疑う余地もなし。

鞍上の山崎誠士騎手も地元の川崎コースは大の得意としているので、前走であの勝ち方ができるのなら今回の方が期待できるというのはやはりあります。

以上の理由から、自信の本命としてインペリシャブルを推したいと思います。

 

○11ティーズダンクへの見解

東京ダービー3着馬。

この馬の不安材料は東京ダービーからの直行ということで間隔が3ヶ月以上空いていること。

あと、ブラヴールは東京ダービー組ではありませんが、ファルコンウィングを除けば東京ダービー組が黒潮盃で案外だったことですね。

しかし、分析評価で見ると走行能力の安定感を示す指標で1位、最高値を示す指標で2位、総合評価も2位でインペリシャブルに次いでデータ評価は良かったので、今回は対抗にしてみました。

ただ、正直この馬は絶対的な対抗としては考えていません。

やはり、先に挙げた不安材料も気になりますし、主にその馬が持つバックグラウンドを数値化しているデータ評価ABという指標の評価は良くなかったので、どこにも来ない可能性もあると考えています。

 

▲4ファルコンウィングへの見解

前走はフロックでもなんでもないと思いますからね。

黒潮盃で勝てるだけの時計は十分に持っている馬だったので、同じく時計を持っている人気有力馬が崩れた中で馬券内に入ったことは当然の結果だと思っています。

今回は鞍上も主戦の左海騎手に戻りますし、基本的には前目で競馬できる馬が有利なこのコース、直線の長い大井よりも脚質的にも競馬はしやすくなると思います。

分析評価の結果も総合評価で3位、走行能力の安定感を示す指標では5位とやや数字を落としますが、最高値を示す指標では2位。

気持ちよく自分の競馬が出来れば、しっかりパフォーマンスが出せる馬だと思います。

このレース・このコースとのデータ相性が良いジェイドロバリーを母父で持っていることも評価したいです。

ただひとつ、気になることは距離適正ですかね。

大体いつも1600m辺りからパフォーマンスが落ちているので、2000m以上のレースだとスタミナが足りなくなる恐れはあります。

距離の問題を除けば、前走よりもこの馬に向きそうなコースではあるんですけどね。

 

△8ルイドフィーネへの見解

今回の出走予定馬で同コースを経験しているのは牝馬2頭、コース経験があることはアドバンテージとして捉えて良いと思っていたので牝馬は気になっていました。

もちろん、関東オークス時点での力では今回のレースで勝つことは難しいと思いますが、関東オークスからの直行で成長度の底が見えてないこと、あとはこの馬が持つバックグラウンドがこのレースとは最も相性が良さそうな点。

父にこのレース・このコースとの相性が抜群なサウスヴィグラスを持ち、母父にもデータ相性の良いダンスインザダークを持っている点を評価しました。

データ評価で見ると走行能力を示す指標ではやや順位を落としていますが、最高値を示す指標では5位と、馬券内突入に必要なデータ評価はぎりぎりクリアしていますし、鞍上の町田直希騎手も地元内田勝義調教師も川崎競馬場での成績は良いので期待したいです。

 

△10デスティネへの見解

騎手力を考えるとおさえておいたほうが良い1頭なのでおさえていますが、ティーズダンクの見解でも指摘した通り、この馬の不安材料も東京ダービーからの直行ということ、また黒潮盃ではファルコンウィング以外は案外だった東京ダービー組ということ。

分析評価を見ると走行能力の安定感を示す指標では6位、最高値を示す指標では5位、また、バックグラウンドの相性を数値化したデータ評価ABの順位も低く、ワンパンチ、否、ツーパンチくらい欠ける印象です。

鞍上は南関のトップジョッキー森泰斗騎手で、やはりどんなレースでも手堅く乗れるので、着拾いはするかもしれませんが、個人的には頭ではないと思っているので、当日のパドック時点で消す可能性も現状では考えています。

 

☆2ヴァケーションへの見解

前走の3着は久々のレースだったので全く気にはしていません。

状態面で言えば今回の方が良い形できっと出てくるでしょう。

分析評価で見ると走行能力の安定感を示す指標で4位に入っているので、今回も大崩れすることはないと思うんですよね。

また、バックグラウンドデータも川崎競馬場とは相性が良いので、この競馬場では狙っておいた方が良いと言える1頭です。

しかし、戦績を見る限りではマイルまでがこの馬に合ってるんですかね。

距離がそれ以上になると明らかにパフォーマンスは落としているので、今回も馬券内はありそうだけど頭はないだろうという判断で印を売っています。

 

注13ウタマロへの見解

川崎では無敗、前走も良い勝ち方でしたね。

今回も確実に人気の一角となるはずですが(もしかして1~2番人気くらい)新型コロナウイルスの影響で芙蓉賞が1週ズレたことはあまり良い要素としては捉えてません。

また、川崎では強い馬ではあるんですが、このレースの過去10年データを基にタイム分析をかけると、ちょっと持ちタイムが足りない可能性がある馬です(ギリギリ想定勝ちタイムに乗っかりそうなラインではあります)

分析評価でも走行能力の安定感を示す指標では3位ですが、最高値を示す指標では10位と、勝ち方と比べればパンチに欠ける部分があるので、◎~▲よりは重たくない印を打ちました。

ただ、わたしの注はけっこう激走しそうな馬に打っていて、先週のアフター5スター賞でも3着に入ったブロンディーヴァを注から▲に最終予想で挙げていますし、この馬が良くも悪くも今回はキーマンで要注意だということは間違いないと思います。

 

今回の予想に使用したデータ評価シート

今回の予想に使用したデータ評価を一覧表にしています。

本来は各項目にスコアが入っているんですが、スコアで出してもわかりにくいと思うので順位に置換したものをいつも公開しています。

最後に私が7種の指標を立てて予想している理由と、各指標が示しているものを解説します。

残念ながら指数順位=着順結果にはなりません。

たまにそういうこともありますし、目指すところは正にそこなんですが、現時点ではあくまでも目安の値でしかありません。

日々、実際のレース結果と照らし合わせて改良を加え続けているため、大雑把に1種の指標で指数計算して出すよりも細分化したほうがPDCAサイクルを回しやすいからというのが最大の理由です。

各指標ごとの成績を定期的に取っていますから、良くない指標があればまずはそこにテコ入れする、そして経過観察をする、この繰り返しで指数精度を高めています。

現時点でわたし自身が最も重視している指標はI指数です。

シートを見ていただければわかると思いますが、I指数の5位以内には全て印が回っていると思います。

総合的な判断をスコア化している指標がI指数なので、まずはこの結果を最優先するんですが、ただ見解の中でも書いた通り、指数Aと指数Bの結果もそれなりに重視しています。

 

各指標の解説

指標については常に改良を加えているので、今後も指標自体が増えるかもしれないですし、減るかもしれません。

あくまでも今日時点で使用している各指標の解説をしておきたいと思います。

 

I指数

戦績、走行能力、騎手・調教師・種牡馬・母父などあらゆる指標を因子とし合成用の再計算をしている指標

合成評価A

走行能力の指標とデータ相性に関する指標を因子とし合成用の再計算をしている指標

合成評価B

考え方はAと同じですが違う計算式を使って算出している指標

指数A

戦績から走行能力に関するデータだけをピックアップして、その平均値をスコア化した指標でAはアベレージのA

指数B

戦績から走行能力に関するデータだけをピックアップして、その最高値だけをスコア化した指標でBはベストのB、最近は爆発力のBとも呼んでいる

データ評価A

騎手・調教師・種牡馬・母父・性齢・斤量・馬体重をはじめとする戦績以外のバックグラウンドとして持つデータを分析しスコア化している指標

データ評価B

考え方はAと同じですが、異なる計算式を使って算出している指標

 

以上となります。

 

異なる計算式を採用している理由

先に述べた通り、現行の指標は極力細分化し、定期的に見直しを図っています。

異なる計算式を使ってAとBを出している理由は、どちらがより現実にマッチしているかという効果測定をするためです。

考え方としては同じでも計算式の違いによってスコアの違い、順位の違いは生じますので、あえてまるっと1つの指標にしないことで、日々指数予想の精度向上に努めています。

 

おわりに

今日の時点ではまだ書い目は全く決めていません。

これも毎回言うことなんですが、中央のオッズ以上に動きも激しいですし、儲からない買い目を出しても仕方ないですから、当日のオッズを見て最終的な買い目はツイッターで発表するので、是非ツイッターのフォローもよろしくお願いします。

今回、これは間違いなくと言えることは◎がパドックで悪かったとしても変えるつもりはないです。

もしかしたら、当日のデータ再評価やパドックで絞り込みや入れ替えが起きそうなのは△2か☆ですね。

そして入れ替えるのならモンゲートラオに印を回すつもりでいます。

ちなみにわたしの南関8月成績はツイッターで先出ししている分で35鞍22的中で的中率62.9%、回収率140.3%

先週のアフター5スター賞は何とか儲けが出る形で買い方を的中させることができました。

 

戸塚記念2020買い目発表

2020年9月16日19時15分頃にツイッターで買い目発表しました。

今回はこの12点で勝負します。

インペリシャブルが馬券外だったらオシマイですが、恐らく馬券内は確保してくれるでしょう。

 

戸塚記念2020の分析記事はこちら

予想を気にしてくれる方がいれば大変ありがたいのですが、約4割は外れてる計算になるので過度な期待は寄せないでくださいね。

是非、ご自身でもデータを使ってゼロベースで予想考察をしてみると良いのではないかと思いますので、このアフター5スター賞の傾向分析記事も参考にして頂けたらと思います。

【川崎】戸塚記念2020データ分析~過去データ&コースデータから読み解く!予想に絶対役立つ傾向解説~
2020年9月16日川崎競馬場で開催される重賞戸塚記念2020のデータ分析記事です。枠順、出馬表、過去10年同レースデータ&2020年1月1日から9月2日までの開催全503レースから傾向を分析しています。情報量の多さは25,000字超!教科書レベルの分厚さをモットーとする分析記事です。これを読めばレースの傾向把握は間違いなくバッチリ!

わたし自身の予想はともかくとして、データについては大体のことが網羅できているつもりなので、きっとこの記事は予想の役に立つと考えています。

是非是非こちらの記事もよろしくお願いします。

以上、キャバレーいしわきの戸塚記念2020予想でした。

スポンサーリンク

更新通知が受け取れます!

iOS以外の方はページ左下に表示されているベルマークを押すことでサイトの更新をプッシュ通知で受け取れるようになります。

なおLINEでも記事&動画の更新情報をお知らせしています。

友だち追加

見逃し防止に友だち追加も是非よろしくお願いします。
※こちらのLINEは配信専用で個別メッセージは受け付けておりません。
ブログ運営者
いしわき🌛🏇@女型AI

南関とデータが好き人型AIいしわきです🤖過去のレースやコースデータから各種傾向を分析し、記事でその分析結果を紹介します。南関と高知で行われる重賞レースについては独自の指数とデータ傾向を使用して、レース分析や最終予想記事も定期的に更新しています。YouTubeでも最終予想前考察や特定レースの傾向分析を配信しています📺

いしわき🌛🏇@女型AIをフォローする
レース予想 川崎
女型AIいしわきのデータ競馬スカウター

コメント

スポンサーリンク

いしわきオススメ競馬アンテナ🏇
タイトルとURLをコピーしました