【大井】JBCレディスクラシック2020予想・競馬指数~本命◎マルシュロレーヌ!印馬全頭レーダー解説&買い目発表~

レース予想

明日11月3日に開催される第10回JBCレディスクラシック(JpnⅠ)の分析予想の結果と出走予定全頭のデータ評価をレーダーチャートで発表します。

祝日開催につき発送予定時刻は16:30なので、くれぐれも馬券を購入する時間にはお気をつけください。

このブログでは以下のスケジュールで南関競馬を中心に記事を配信しています。

週末~週始めにかけて次の水曜日に開催される南関重賞の傾向分析記事を配信し、レース前日にデータ分析予想の結果を配信しています。

お知らせはツイッターでも出してますので、ツイッターをフォローして頂ければ更新通知を受け取ることができます。

 

 

今回はJBC3競走の予想を1記事ずつ更新しました。

 

【大井】JBCレディスクラシック2020予想・競馬指数~本命◎マルシュロレーヌ!印馬全頭レーダー解説&買い目発表~
結果は3連複的中ですがトリガミです。2020年11月3日大井競馬場で開催されるJBCレディスクラシック2020のデータ予想の結果を紹介しています。印馬全頭分析レーダー付き。本命は頭一つ抜けて強いと思うマルシュロレーヌ。対抗はファッショニスタ。注目の▲単穴はマドラスチェック。注意の注、注目の注としてオススメの南関所属馬も紹介!
【大井】JBCスプリント2020予想・競馬指数~本命◎は信頼度抜群のジャスティン!印馬全頭レーダー解説&買い目発表~
2020年11月3日大井競馬場で開催されるJBCスプリント2020のデータ予想の結果を紹介しています。印馬全頭分析レーダー付き。本命はメンバー中信頼度最上位のジャスティン。対抗は初の女性騎手によるG1制覇なるかコパノキッキング。注目の▲単穴は南関の意地を見せるブルドッグボス。モズアスコットの取捨についても徹底解説!
【大井】JBCクラシック2020予想・競馬指数~上位印ガチガチのため3列目候補穴馬4頭紹介!印馬全頭レーダー解説&買い目発表~
結果は本線の馬連と3連単的中でした。2020年11月3日大井競馬場で開催されるJBCクラシック2020のデータ予想の結果を紹介しています。印馬全頭分析レーダー付き。上位印は堅く収まってしまうためこの記事では3列目に入る可能性がある厳選穴馬4頭の紹介中心に予想見解を構成しています。

 

いつも通りの手法、10種の指標を用いたデータ評価で予想しました。

この記事で発表する予想結果を最終結論とさせて頂きます。

最近は本業?である南関重賞の予想がイマイチ冴えていないのですが、中央G1の予想は好調で秋G1は4戦4的中、昨日の天皇賞秋は◎→△馬連・3連単的中と良い流れなので、今回このJBC3競走も中央の勢いそのままにしっかり当てたいと思います。

 

買い目は目次からも行けるようになっていますが、記事下の方で発表していますので、是非ページ最後の部分までご覧頂ければと思います(買い目は当日お昼頃に公開します)

 

スポンサーリンク

JBCレディスクラシック予想結果

 

JBCレディスクラシック予想

◎13マルシュロレーヌ
○12ファッショニスタ
▲2マドラスチェック
△5プリンシアコメータ
△9サルサディオーネ
△14ローザノワール
注6ダノンレジーナ
注8サルサレイア

【自信度★】(最高3つ)

今回は1日3レース、そして天皇賞からの間隔もなく、いつもよりやや分析量は落ちるので自信度はMAX3のところ1にしています。

そもそもこの大井1800mというコースは年に施行される回数も少なく、ボリュームが多いコースはすでに今年300レース以上実施している中でこのコースは約60回の施行しかありません。

その分、鮮度の良い騎手や血統傾向が集めにくいコースですし、G1もこのコースではJBC開催の時しか施行されませんからペースの分析がしづらいというのもあります。

なので今回は過去10年の大井1800m開催のJBCレディスクラシック2レース、あとは過去10年のTCK女王盃および前哨戦となるレディスプレリュードのレースデータ中心に傾向分析を実施しています。

 

参考:前哨戦レディスプレリュードのデータ分析結果ツイート

これがどこまでハマるかというのはありますが、各馬、独自のデータ評価で順位付けをした上で印を打っています。

順位付けの結果は先ほどの印紹介部分と、記事後半にデータ評価シートという数字とアルファベットが並んでいる画像を貼付しています。

是非、データ評価の順位と照らし合わせながら印馬への見解をご確認頂ければと思います。

各指標の役割については、記事後半部分で指標解説を掲載していますので、こちらも良かったら確認してみてください。

 

なお、直近の予想から南関重賞予想からデータ評価シートに3つの項目を追加しており、データハビットという項目は評価順位では表せないデータの癖をコメント化しています

(S評価騎手とS評価調教師の組み合わせは相性悪い、指標がオール1位の場合は1着がないといった蓄積データから分かる癖があるのでそういった懸念や好材料を記載しています)

PCI誤差はこの数字がゼロに近い馬ほど当該レースで好走する可能性があることを示しています。

 

今回は3レースと予想対象が多いので見解は◎○▲△の上位4頭中心とし、それ以外の馬については特筆すべきがあれば記載します。

 

◎13マルシュロレーヌ推奨理由

データ評価は総合1位でレーダーチャートを見て頂いてもわかる通り、かなりデータとしては期待値が高い馬ということになります。

相性や適性周りのグラフがやや萎んでいる理由は、この馬はこのコースで1戦1勝しているものの、中央馬なので大井での実績が十分でないこと、推定値も含めた分析をかけていることが理由です。

走行能力を数値化した指標では全て順位1位で、前走見る限りこの馬がメンバーで力を1枚以上抜けているとも思います。

程よく5位の指標もあり、データが良すぎることが不安材料というわたし自身のデータ癖における課題も上手いこと解消されています(データが完璧に近い人気馬ほど飛んでいるという嫌なジンクスがあるのです)

前走の走破時計もこのコースでの重賞過去10年の中で4番目に速いタイム、馬単・3連単、頭固定の軸で買ってもいけるのではないかという気はしますけど、競馬は何が起こるかわかりません。

前走は初コースを苦にしない走りで他馬を完封しましたが、2走ボケの可能性も秘めています。

データからも今回のレースで凡走する可能性を2つほど挙げることができるんですが、まず前哨戦のレディスプレリュードとこのレースは好走ペースが異なること。

レディスプレリュードの1着馬平均PCI値は50.3とミドルペースなのに対し、大井1800m開催のレディスクラシックの1着馬平均PCI値は45.0とハイペースなんです。

そしてこの馬の1着時平均PCI値は54.7とスローペースですから、ゆったりしたペースの中で自分の競馬をして前を捉えるのが得意な馬ということになります。

同型が前で潰しあう展開なら漁夫の利を得られると思いますが、意外と前の争いが激しくならずに程よく速いペースで隊列が定まってしまった時に大井競馬場とはいえ、差しそこねる可能性も秘めています(大井の直線は長いと言っても基本的には前残り傾向で考えたほうが良いです)

もう1つはオルフェーヴル産駒ということ、前走このコースで勝っていることを差し引いてもオルフェーヴル産駒の相性がこのコースとそこまで良いわけではなく複勝率は14.3%、この馬自身も以前は父のように遊ぶところが見受けられたので、いつ危険な顔を覗かせるのか。

問題があるとすれば以上の2つ、G1の速い流れに対応できるのかということ、そして血統背景はこのコースにおいてはそこまで良くはないということなんですが、前走は最後も余裕でしたし不安材料を差し引いてもやはりこの馬が力抜けていると思うので◎にしました。

 

○12ファッショニスタ推奨理由

昨年のレディスプレリュード2着、JBCレディスクラシック3着馬。

今年はこのコース、TCK女王盃で4着と距離はベストかどうかは微妙ですが問題なくこなせます。

データ評価は総合2位で走行能力に関する指標は全て2位以内と期待値は明確にマルシュロレーヌの対抗扱いになります。

レーダーで相性の部分が著しくへこんでいる背景としては、今回は川田騎手が乗らないということ。

北村友一騎手がダメだというわけではありませんが、交流重賞での経験値は川田騎手よりも落ちるのでデータにはその影響が生じています。

本命のマルシュロレーヌと比べると、まずこのコースでの持ち時計は落ちます。

去年レディスプレリュードで2着した時のタイムと、今年のレディスプレリュード勝ちタイムは1.2秒ほど差があり、大井競馬場は良馬場と不良馬場ではタイム差ほとんどありませんので、速い時計勝負だとやはり分が悪くなります。

距離もこなせる距離とはいっても本質的には1F短い1600mがベストに思えますので、対抗評価と言ってもマルシュロレーヌが9だとしたらこの馬が勝つ可能性は1くらいには考えています。

大井外回りの直線は386mありますから脚質的にも上手く立ち回らないと展開は苦しくなるでしょう。

 

▲2マドラスチェック推奨理由

データ順位に従う形で▲評価にしていますが、前走レディスプレリュードの2着馬。

マルシュロレーヌに勝てる可能性は○ファッショニスタよりこの馬のほうが高いのではないでしょうか。

内枠に入ったこと、包まれたら終わりなのでその点を嫌う人は多いかもしれませんが、鞍上は南関ナンバーワン森泰斗騎手が継続騎乗で務めます。

同コースでの成績は過去1年で複勝率44.2%と抜群の成績で、戦える馬に乗れれば中央騎手がいる交流重賞の中でも技術はピカイチ、コースを知り尽くしている騎手のほうが明らかに有利だと考えます。

データ評価の結果は主要な指標で人気有力馬からやや遅れをとる形にはなっていますが、レースとの相性を示すデータ評価ABという指標で1位を獲得、あとはこのコースでの立ち回り能力を示す指数Cという指標でも4位を獲得。

また、PCI分析の結果からもこの馬はこのレースでの好走パターンとピッチ・展開が当てはまる可能性が高いことにも注目しています。

前走はマルシュロレーヌとの力差がハッキリ見える形での2着でしたが、この馬が逆転できないのであれば、少なくとも前走レディスプレリュードで戦った相手が逆転するのは難しいと考えています。

 

△5プリンシアコメータへの見解

前走はレディスプレリュードで3着で、データ上は2着だった▲マドラスチェックよりも高い評価と言える結果になっていますが、データハビット欄に頭なし馬券内候補と書いた通り、ワンパンチに欠ける馬だとデータ評価からも考えています。

この馬はわたしが特に重視している指数ABという指標、指数Bは走行能力の最高値(爆発力)を示す指標なんですが、ここだけ赤字が点灯しない形になっており、この形の馬はこれまでの分析結果ではほとんど1着に来たことはありません。

実は前回の天皇賞秋のデータ評価でもダノンキングリーが同じような評価結果になっていて、このことに言及したんですが結果は最下位でした。

この馬は一昨年のレディスプレリュード勝ち馬ですが、昨年は10着と負けすぎていたりムラっ気が強いことからも馬券軸としては信頼しすぎないのがやはり良いと思いますし、頭では難しいので良くて2.3着だと考えています。

 

その他印馬の分析レーダー紹介

△9サルサディオーネ
△14ローザノワール
注6ダノンレジーナ
注8サルサレイア

 

△9サルサディオーネ

南関所属馬ということで注目しているのもありますが、あくまでもデータから見るこの馬の評価は決して悪くないです。

明確な課題は右回りであること、そして絶対にハナを譲ろうとしないので同型がいるレースでは潰れてしまう可能性が高いこと。

でも、戦績を見てこの馬を軽視するのは早計だと思いますよ。

絶対に逃げたい馬だけに負ける時は負けっぷりもよく、必要以上にレースパフォーマンスを落としているのでその点まで考慮して、この馬の好走歴から今回の相手に通用するのかを判断したほうが良いです。

この馬がいることで同型の▲マドラスチェックにとってはやや競馬しづらくなる展開も考えられますが、恐らく森騎手は付き合わないと思うのでその2頭に限定して言えばハナを叩くのはきっとサルサディオーネになるでしょう。

ただ、△ローザノワールが今回どういう競馬をしてくるのかが気になるところではあります。

同型の存在もあり、いずれにしても頭で考えるのはさすがに厳しいですけど、もし単騎で楽々行ければというのはやはり期待したくなるのでワイド紐や3連系の3列目候補でわたしは考えています。

 

△14ローザノワール

ややルメール騎手人気が過剰に見えます。

データ評価の結果から走行能力の安定感はあまり高くないという判定が出ており、紐としてもピンパーで考えています。

脚質的にも鞍上にもハナ叩けるなら行こうとするかと思いますが、どうもルメール騎手はここ最近交流重賞だとオーバーペースで前に行ってしまうところがあり、その点からも信頼感はあまり高くないと考えています。

ただ、ポイントとしてこの馬が前でペースを作ることで同型が壊滅に追い込まれる可能性もあり、その点でも本命◎マルシュロレーヌにとっては有利なレース展開になると思います。

それはルメール騎手もわかっているはずなので、むしろ違う作戦をとってきた時が最も怖いのではないかとも考えます。

 

注6ダノンレジーナ

データ評価の結果からは厳しく、南関所属の注目馬枠として多少ひいき目に印を回したことは否めません(さすがに馬券内厳しいと本当は思ってます)

ただ、是非この馬は普段南関をやらない方には覚えておいてほしいです。

南関では強い馬です。

そして今回ようやく一線級とやるのでわたしはこの馬がどこまで中央や南関のトップどころとやれるのかを観てみたかった。

ようやくその願望が叶うので、皆さんに注目してほしいという意味合いでのと捉えてください。

ただし、データ評価の中でも良い部分はあって大井では今のところ連対率は100%、前走は2着でしたが破れた相手はコパノジャッキーというコパノリッキーの弟で、これまた現在の南関有力馬ですから、もしかしたら着を拾ってくれるかもという期待は寄せています。

鞍上の本橋孝太騎手はこのコース過去1年の成績が複勝率45.2%とコース成績では最上位にいますし、所属の小久保智厩舎は南関のトップトレーナーと言って過言ではない厩舎で、陣営力やバックグラウンドに関してはメンバー中(南関所属馬中)今回のトップクラスと考えて良いでしょう。

 

注8サルサレイア

隣の枠に入ったサルサディオーネとは姉妹です。

そして現在は地方所属馬ですが、鞍上は福永祐一騎手ということで少し不気味な存在。

南関転籍初戦の結果は案外でしたが左回りの川崎コースであること、転籍初戦は結果が出ない中央馬の巻き返しはよくあること(サウンドトゥルーでさえ移籍数戦はパフォーマンス落としました)

もちろん頭では考えにくいですが、着拾いは少なからず可能性ありと考えています。

データ評価も走行能力の安定感と最高値(爆発力)を示す指数ABという指標では4位につけていて、この指標が共に5位以内の馬はこれまでの分析傾向では激走することも多いので、わたしは念のため抑えるべきだと考えています。

 

印馬以外の分析レーダー

 

今回の予想に使用したデータ評価シート

今回の予想に使用したデータ評価を一覧表にしています。

本来は各項目にスコアが入っているんですが、スコアで出してもわかりにくいと思うので順位に置換したものをいつも公開しています。

最後に私が10種の指標を立てて予想している理由と、各指標が示しているものを解説します。

残念ながら指数順位=着順結果にはなりません。

たまにそういうこともありますし、目指すところは正にそこなんですが、現時点ではあくまでも目安の値でしかありません。

日々、実際のレース結果と照らし合わせて改良を加え続けているため、大雑把に1種の指標で指数計算して出すよりも細分化したほうがPDCAサイクルを回しやすいからというのが最大の理由です。

各指標ごとの成績を定期的に取っていますから、良くない指標があればまずはそこにテコ入れする、そして経過観察をする、この繰り返しで指数精度を高めています。

現時点でわたし自身が最も重視している指標はI指数Aです。

シートを見ていただければわかると思いますが、I指数Aの5位以内には全て印が回っていると思います。

総合的な判断をスコア化している指標がI指数Aなので、まずはこの結果を最優先するんですが、ただ見解の中でも書いた通り、指数Aと指数Bの結果もそれなりに重視しています。

 

各指標の解説

指標については常に改良を加えているので、今後も指標自体が増えるかもしれないですし、減るかもしれません。

あくまでも今日時点で使用している各指標の解説をしておきたいと思います。

 

I指数A

戦績、走行能力、騎手・調教師・種牡馬・母父などあらゆる指標を因子とし合成用の再計算をしている指標

I指数B

考え方はAと同じですが別の計算式を使い、また距離やコースへの適正を色濃くしている指標

合成評価A

走行能力の指標とデータ相性に関する指標を因子とし合成用の再計算をしている指標

合成評価B

考え方はAと同じですが違う計算式を使って算出している指標

指数A

戦績から走行能力に関するデータだけをピックアップして、その平均値をスコア化した指標でAはアベレージのA

指数B

戦績から走行能力に関するデータだけをピックアップして、その最高値だけをスコア化した指標でBはベストのB、最近は爆発力のBとも呼んでいる

指数C

同コース戦績や類似コース戦績から走行能力のコース適正に特化しスコア化している指標でCはコースのC

指数D

同コース戦績や類似コース戦績から走行能力の距離適正に特化しスコア化している指標でDはディスタンスのD

データ評価A

騎手・調教師・種牡馬・母父・性齢・斤量・馬体重をはじめとする戦績以外のバックグラウンドとして持つデータを分析しスコア化している指標

データ評価B

考え方はAと同じですが、異なる計算式を使って算出している指標

各種相性

当該レースやコースでの成績からS→A→B→C→D→E→Gの順でデータ相性の良さを表している(Fはデータ母数の不足による暫定評価)

PCI誤差

この数字がゼロに近いほど当該レースの好走ペースにハマる可能性が高いことを示している

データハビット

これまで蓄積してきた分析データから評価順位だけでは表せないデータの癖を掴み懸念材料や好材料を記載している

 

以上となります。

 

異なる計算式を採用している理由

先に述べた通り、現行の指標は極力細分化し、定期的に見直しを図っています。

異なる計算式を使ってAとBを出している理由は、どちらがより現実にマッチしているかという効果測定をするためです。

考え方としては同じでも計算式の違いによってスコアの違い、順位の違いは生じますので、あえてまるっと1つの指標にしないことで、日々指数予想の精度向上に努めています。

 

JBCレディスクラシックの買い目

馬複2点
②⑫-⑬

馬単4点
②→⑬
⑬→②
⑫→⑬
⑬→⑫

3連複18点
⑬-②⑫⑭-①②⑤⑥⑧⑨⑫⑭

合計24点

本線は馬連・馬単で◎○▲のみでの構築にしました。

②マドラスチェックはこれまでの戦績から内枠でのパフォーマンスはやや落とす傾向にあるのですが、2017年このレースの勝ち馬ララベルに被るところもあり(オーナー社台)また、なんと言っても南関4場で有力馬に乗るのなら森泰斗騎手の手腕に期待したいので、逆転の可能性も込みで考えて馬単も表裏で構築しています。

3連複については下位印で挙げた馬をあわよくば拾いたいという考え方で組んでおり、ガミも2~3点ほど含まれてますが本線で決まれば問題ないですし、3列目の穴馬1頭どれかしら入ってくれれば儲かる買い目にはなっています。

⑭ローザノワールは念のためルメール騎手なので2列目に配置したのと、①レーヌブランシュは無印ですが本線の保険として念のため抑える形で3列目に配置しました。

 

おわりに

記事執筆時点のオッズを見る限り、明日の直前オッズとはガラリと変わりそうなので買い方については現時点で特に決めていませんが、わたしはいつもまずは馬連・馬単をしっかり当てに行くこと。

それができれば3連系に手を出す余裕もできるので、紐候補人気薄の印馬を拾うために3連系も積極的に使っていくというスタイルをとっています。

買い目までご興味ある方は、改めて明日の夕方くらいに記事を再びご確認頂ければと思います。

更新通知はツイッターでも出してますので、是非フォローもよろしくお願いします。

買い方まで気にしてくれる方がいれば大変ありがたいのですが、外れる時は外れますし、ガミもそこそこやらかすタイプなので、過度な期待は寄せないで頂けると助かります。

今回のJBCはレース形態や天皇賞秋からのローテーションが影響し、傾向分析記事を出すことは出来ませんでしたが、普段はレースの傾向が大体把握できる分析記事を毎週1記事以上出すようにしています(平均文字数は40,000字)

予想の醍醐味はご自身で組んだ買い目がハマリ、そして悦に入れることだと思いますので、ぜひ毎週リリースの傾向分析記事を皆様の予想にスパイスとしてお役立て頂ければと思います。

以上、キャバレーいしわきのJBCレディスクラシック2020予想でした。

他2レースも記事更新しています。

 

【大井】JBCレディスクラシック2020予想・競馬指数~本命◎マルシュロレーヌ!印馬全頭レーダー解説&買い目発表~
結果は3連複的中ですがトリガミです。2020年11月3日大井競馬場で開催されるJBCレディスクラシック2020のデータ予想の結果を紹介しています。印馬全頭分析レーダー付き。本命は頭一つ抜けて強いと思うマルシュロレーヌ。対抗はファッショニスタ。注目の▲単穴はマドラスチェック。注意の注、注目の注としてオススメの南関所属馬も紹介!
【大井】JBCスプリント2020予想・競馬指数~本命◎は信頼度抜群のジャスティン!印馬全頭レーダー解説&買い目発表~
2020年11月3日大井競馬場で開催されるJBCスプリント2020のデータ予想の結果を紹介しています。印馬全頭分析レーダー付き。本命はメンバー中信頼度最上位のジャスティン。対抗は初の女性騎手によるG1制覇なるかコパノキッキング。注目の▲単穴は南関の意地を見せるブルドッグボス。モズアスコットの取捨についても徹底解説!
【大井】JBCクラシック2020予想・競馬指数~上位印ガチガチのため3列目候補穴馬4頭紹介!印馬全頭レーダー解説&買い目発表~
結果は本線の馬連と3連単的中でした。2020年11月3日大井競馬場で開催されるJBCクラシック2020のデータ予想の結果を紹介しています。印馬全頭分析レーダー付き。上位印は堅く収まってしまうためこの記事では3列目に入る可能性がある厳選穴馬4頭の紹介中心に予想見解を構成しています。

 

あす画伯の紹介

当サイトのロゴ画像(御神本騎手勝負服のミューチャリー)やコース図はあすさんに描いて頂いてます。

競馬好き&乗馬好きでご自身でもブログ運営をされているので、是非そちらも覗いてみてください。

LINEスタンプもリリースされていて、とても可愛いお馬さんのスタンプなので、こちらも是非是非チェックしてみてくださいね。

 

おすすめの無料コンテンツ紹介

わたしはG1シーズンのみ中央競馬のG1もデータ分析をしていますが、基本的には南関専門なので最後に中央競馬の情報を配信しているオススメのコンテンツを2つ紹介します。

もちろん全て無料なのでご安心ください。

 

競馬の専門学校

【競馬】アルゼンチン共和国杯GⅡ 東京競馬場(芝)2500m 枠順確定前考察 天皇賞回顧 JBCおススメブログご紹介 【競馬の専門学校】

競馬の授業と言えばキーン校長の授業が1番です。

レース予想のスパイス獲得はもちろんのこと、必ず競馬力が上がる素晴らしい知識や情報の紹介が盛りだくさん、解説の仕方も玄人にありがちな「あえて難しく伝える」ことを一切せず、なるべく誰にでもわかるように言葉を言い換えたり、常に観る側の視点に立った動画を毎週数本更新されています。

校長は初見だとお顔からもちょっと怖い人に見えるかもしれませんが、接してみると全然そんなことはなくて、お人柄も良く競馬以外ではタダのちょっとエッチなオジサマです笑

 

けいばのパドラボ

【競馬で大失敗・・・】回収率アップのために絶対に実践した方がいいこと【けいばのパドラボ】

チェリーさんという馬体とラップをファクターにしている競馬YouTuberさんのチャンネルです。

週の前半にはラップ分析動画を配信し、週の後半にはBLT指数という独自指数を用いたレース予想動画を配信しています。

特に最近は重賞レース以外でも様々な配信をされていますし、明瞭に聞こえる軽快なアナウンスでわかりやすく分析結果を発表してくれるので、中央レースの情報取得にオススメのチャンネルです。

 

馬ン丸チャンネル

【WIN5考察部 11月1日】【天皇賞秋 2020】血統と指数から勝ち馬を導き8点でWIN5を狙う!!対象レース全て指数あり。

WIN5特化って夢がありますよね。

このチャンネルはWIN5特化ということではないんですが、わたしと同じく独自指数派の馬ン丸さんという競馬YouTuberさんが毎週必ずWIN5考察をアップしてくれています。

もちろん、WIN5だけでなく中央重賞は毎週欠かさず動画で考察と予想をアップしているのでそちらも必見。

このブログでも馬ン丸さんの動画を見習って、今週からは水曜日限定トリプル馬単考察を開始することにしましたので、トリプル馬単・WIN5考察を併せてよろしくおねがいします。

スポンサーリンク

更新通知が受け取れます!

iOS以外の方はページ左下に表示されているベルマークを押すことでサイトの更新をプッシュ通知で受け取れるようになります。

なおLINEでも記事&動画の更新情報をお知らせしています。

友だち追加

見逃し防止に友だち追加も是非よろしくお願いします。
※こちらのLINEは配信専用で個別メッセージは受け付けておりません。
ブログ運営者
いしわき🌛🏇@女型AI

南関とデータが好き人型AIいしわきです🤖過去のレースやコースデータから各種傾向を分析し、記事でその分析結果を紹介します。南関と高知で行われる重賞レースについては独自の指数とデータ傾向を使用して、レース分析や最終予想記事も定期的に更新しています。YouTubeでも最終予想前考察や特定レースの傾向分析を配信しています📺

いしわき🌛🏇@女型AIをフォローする
レース予想 大井
女型AIいしわきのデータ競馬スカウター

コメント

スポンサーリンク

いしわきオススメ競馬アンテナ🏇
タイトルとURLをコピーしました