【大井】アフター5スター賞2020予想・競馬指数~本命はキャンドルグラス!データ評価上位2頭拮抗!印馬全頭徹底解説&買い目発表~

レース予想

明日2020年9月8日火曜日に大井競馬場で開催される第27回アフター5スター賞(SIII)のデータ分析予想の結果を発表します。

発送予定時刻は20:10なので、くれぐれも馬券を購入する時間にはお気をつけください。

アフター5スター賞過去10年のレースデータから分析した傾向および大井競馬場1200m戦の2020年傾向(全285レースを対象にデータ分析を実施)はこちらの記事で分析結果をまとめてますので、ぜひ予想のスパイスとしてご活用ください。

【大井】アフター5スター賞2020データ分析~過去データ&コースデータから読み解く!予想に絶対役立つ傾向解説~
2020年9月8日大井競馬場で開催される重賞アフター5スター賞2020のデータ分析記事です。枠順、出馬表、過去10年同レースデータ&2020年1月20日から8月21日までの開催全期間の1200m戦285レースから傾向を分析しています。サウスヴィグラス産駒、母父サクラバクシンオー産駒が好走しやすいこのコース。

ツイッターではいつも事前分析したレースのみ、予想と買い目、あとはデータ評価シートをアップしていますが、今回もいつも通りの手法を使って10種の指標を用いたデータ評価で予想しました。

基本的にこの記事の予想から大きく変えることはないと思いますが、わたしの予想スタイルはデータ分析+パドック診断になりますので、当日のパドック後に最終結論を出す流れです。

最終結論では微細な印順の変更、あるいは無印馬でもパドックが良ければパドック推奨馬として挙げることもありますし、印をデータ予想より削る場合もあります。

この記事で発表する予想はあくまでもデータプレ予想になりますので、印は消しすぎず◎○▲△△△☆注の8頭紹介します。(というか軸は2頭で決まってるんですが紐が混戦気配で今日時点では消しきれませんでした)

当日のパドック後はもう少し印を削れる場合もあると思いますので、是非ツイッターのフォローもよろしくお願いします。

最終予想はツイッター上にアップしています。

そして、今回この記事の注目コーナーはわたしのデータ分析による予想だけではなく、当サイトのロゴ画像やコース図を描いて頂いてるあす画伯にもオススメ馬を紹介してもらいます。

中央も地方も少ない点数でズバズバ当てる方なので、こちらもきっと参考になるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

アフター5スター賞2020の予想結果回顧

今回はしっかり儲けを出す形での的中となりました。

サブノジュニアはちょっと太っていたのが心配にはなりましたが、とはいえ南関ダート短距離重賞ですから、いつも出している分析結果の記事でも解説している通り、馬体重が大きいことは決してマイナス要素ではありません。

大きいか小さいかで迷った時は大きい方をとると、いつも書いているので内枠や馬体重増を嫌わずに実質的な2頭軸として信じてよかったです。

戦前のイメージだと内枠に入ったことでいつもより前で競馬するかと思いましたが、思い切って下げましたね。

ただ、コーナーでカメラワークが変わって正面から映った時にしっかり内ラチ沿いから3m以上あけたところを走ってましたから、あの時点で安心して観ることができました。

明らかに今回はメイチという作りではなかったと思うので、やはり狙いはJBCですかね。

昨日のような走りができるならJBCでも馬券候補の一角と考えて問題ないでしょう。

そのくらい昨日は良い走りでした。

あとはブロンディーヴァですね。

前日時点でのプレ予想では頭まであるかもな注という扱いでしたが、その後に追いきり映像を何度も見返しまして、▲まで昇格させました。

4番人気と上位人気の1角になってしまっていましたが、今回はしっかりブロンディーヴァを信じることができた、それが勝因としては最も大きかったと思います。

また、このブログは大変お世話になっているあす画伯もバッチリ予想が的中、むしろ推し馬3頭の1頭として挙げていたライクアロケットはものすごい勢いで飛び込んできたので、あわやわたしの3連系が不的中になるところでした。

しっかり2人で当たりを出せて今回は本当に良かったなと思っています。

 

アフター5スター賞2020予想

◎7キャンドルグラス
○1サブノジュニア
▲12エポック
△5クルセイズスピリツ
△9フランシスコダイゴ
△11カプリフレイバー

☆14エッシャー
注6ブロンディーヴァ

 

以下、各印馬に対するわたしの見解をまとめていますが、見解中によく出てくるデータ評価については、記事の後半にデータ評価シートというものを貼り付けた上で詳しく解説しています。

是非、データ評価の順位と照らし合わせながら印馬への見解をご確認頂ければと思います。

 

◎7キャンドルグラスへの見解

正直なところ◎と○はサブノジュニアでもキャンドルグラスでもどっちでも良いという感じです。

わたしはどっちが勝ってもおかしなくないと思いますし、やはりこの2頭は実績と持ちタイムから馬券の中心で考えざるを得ない2頭だと思っています。

データ評価の結果は僅差でサブノジュニアが1位でしたが、スコアで見ると本当に僅差です。

ただ、今回はサブノジュニアが1枠1番に入ったことでいつもよりもやや前目での競馬を恐らく強いられること(内枠で包まれたら厳しいですからね)

また、キャンドルグラスの鞍上には特に重賞での勝負強さが光る御神本訓史騎手が戻ってきましたから、正直今回はちょっと依怙贔屓的な要素もあって◎を打ってます。すいません。

今回、このレースを勝つために必要なタイムの最低ラインとして1:11.7という数値を設定しました。

また、上がりタイムは逃げ馬を除いては36秒台の脚を使えることが絶対条件になりますが、このキャンドルグラスは当然どちらの条件もクリアできている1頭です。

他にタイムも上がりもクリアできている馬はサブノジュニアクルセイズスピリツしかいませんでした。

前走の習志野きらっとスプリントはスタートが良くなかった中で2着につけていますし、何より走行能力の安定感を示す指標「指数A」では1位につけています。

安定感という意味ではサブノジュニアよりも僅差ではありますが、高い数値を出していますからそこにも期待したいと思いますし、あとは馬番が同レース・コースともに好走する傾向にある7番と良いところを引けたこともプラス評価として捉えています。

 

○1サブノジュニアへの見解

◎キャンドルグラスの見解で述べた通り、実質的な2頭軸として考えています。

最終オッズも恐らくほぼ間違いなくこの2頭が1番人気2番人気になってしまいますよね。

堅そうなところに行く形になってしまいすみません。

データ評価の結果はこの2頭が頭半分くらい抜けた形での1位2位という結果で、今回サブノジュニアは最内枠に入っていますが、それでも恐らく凡走することはないでしょう。

ただ、大井1200m戦の最内枠はやはりデータで見てもリスキーな枠ではあります。

スタート五分で出せれば問題はないはずなんですが、もし上手く行かなかった場合に外から締められてしまいますからね。

それでもこの馬の場合は強烈な末脚を使えるので着は確保出来ると考えていますが、やはり包まれないで競馬できることが理想です。

タイム・上がりともに今回のレースで勝つために必要な条件は当然クリアできている1頭で、同コースの最高タイムはメンバー1位の1:11.0という時計を持っています。

鞍上の矢野貴之騎手もこのコースは得意中の得意としているコースですし、不安材料は最内に入ったことくらいでアクシデントさえなければ、サブノジュニアキャンドルグラスも勝ち負けだと思っています。

 

▲12エポックへの見解

この馬の最終オッズがどんな感じになるのか、現時点で読めないんですが、恐らくそんなに人気しないと思います。

ただ、データ評価の結果は堂々の3位で走行能力を示す指標に限定しても、コース適正を除けば総じて良いスコアが出ています。

中央からの転入5戦目で過去4戦は勝利こそありませんが、2走前の大井1200m戦では3着に入っていますし、3走前の重賞東京スプリント(大井1200m)では36.6の上りも使えていますからね。

前がいったいったで総崩れした時に飛び込んでくるのはこういう上りを実績としてしっかり持っている馬だと思っています。

ちょっとピンかパーの要素が強い馬ではありますが、所属の藤田輝信厩舎はこのコースでの成績が抜群に良いですし、陣営力も含めて真剣に期待している1頭です。

 

△5クルセイズスピリツへの見解

前走の大井1000m戦では44年ぶりのレコード更新で勝利しています。

持ちタイム・上りが今回の1着馬想定の基準を満たしている3頭中の1頭で、他の2頭よりも前目で競馬したがる点は魅力とも言えますし、諸刃の剣とも言えそうですね。

恐らく今年も1コーナーまでの流れは激しくなると思うので、そこで去年のような走りをすれば去年と同じくらいの着順になってしまう可能性も高いんですが、もし、去年よりも楽な流れで(ペース自体は速くてもいいけど突かれないような状況で)コーナーに入れればそのまま押し切れる可能性もあると見ています。

また、大井1200m戦4番人気以下での西啓太騎手はデータで見ると複勝率が20%をこえているので、その点も買いたくなる理由です(重賞に限らず大井1200m戦では上記の理由から4~8番人気くらいの西啓太騎手をよくおさえるようにしています)

ちょっと単勝人気については当日まで読めないところはありますが、もし3番人気以内になったとしても、持ちタイム・上りの基準を満たしている馬ですから、当然注目しないといけない1頭ではあります。

ただ、データ評価の結果を見ても持ちタイムこそあるんですが、ムラっ気や穴は否めないところがあり、5位以内をキープできていない指標もあるので、キャンドルグラスサブノジュニアと比べれば信頼度はやはり落ちるので、今回は△1としました。

 

△9フランシスコダイゴへの見解

わたしが思っていたよりもデータ評価の結果は良くなかったです。

前走の届かないようなところから差してきて3着のイメージが強いのか、かなり強烈な末脚をイメージしていたんですが、それを常に使えるタイプではないですね。

そもそもこのコースでの実績があまり良くなくてデータ評価でも12位、前走の船橋では34.9という物凄い上りを使っているんですが、大井コースの今回は不発で終わる可能性も全然あります。

ただ、このコースとの相性が抜群に良いサウスヴィグラス産駒ですし、前回の脚が使えるのであれば、直線が長い大井1200m戦では驚異ですから抑えることにします。

 

△11カプリフレイバーへの見解

恐らく今回上位人気になると思うんですが、データ評価の結果はハッキリ言って総じて良くないです。

ただ、それは3歳戦のデータサンプルを古馬のデータサンプルと比較すれば当然そうなりますし、成長分や余力まで考えなければいけないんですけど、6月以来のレースですし、どのくらい伸びしろがあるのかちょっと読めません。

戦績自体は非常に綺麗な馬で、優駿スプリント勝ち馬ですし、実績的には問題ありません。

ここで結果を残せれば本物と言えるでしょう。

現時点で△3を打ってはいるんですが、当日の最終結論で絞る可能性も全然ある1頭です。

今回、取捨が1番難しい馬だと考えています。

血統背景はサウスヴィグラス産駒なので、このコースでは基本的に買いだと思います。

 

☆14エッシャーへの見解

データ評価に関してはちょうど真ん中くらいの馬で、走行能力に関する指標の順位は決して高くはありません。

ただし、コース適正はメンバー中3位と、このコースでは走る可能性を秘めています。

騎手・調教師・種牡馬・母父などのバックグラウンドとなるデータの評価も総じて高く、TCKトップジョッキーである笹川翼騎手が騎乗しますし、浦和の名門小久保厩舎の馬ですから、やはり注意したほうが良いでしょう。

また、前目で競馬したがる馬が大外に入るパターンには注意するべきだと思っていたので、そこも合致しています。

ただ、戦績からデータ分析をかけると基本的な持ちタイムがやや足りてないので、前にいきたくてもいけない可能性も高く、前にいけたとすれば着を拾ってほしい、あくまでも紐として考えています。

 

注6ブロンディーヴァへの見解

データ評価の結果については△3を打ったカプリフレイバー同様に総じて良くない結果が出ています。

良くない結果が出ている理由も一緒で、3歳戦のデータ中心のサンプルと古馬のデータサンプルとを比較すればそうなります。

ただ、この馬は7月のトライアルを勝利していること、あとは斤量が51kgだということ、ちなみに過去10年で斤量51kgの成績は決して良くないですし、短距離戦なので斤量による恩恵はマイルクラシックと比べれば薄いものになるはずですが、それでも重いより軽いほうが良いですからね。

あとは血統背景がこのコースとのデータ相性が抜群に良いサクラバクシンオーを母父に持っていること、過去10年で3歳牝馬は2頭出走していますが1勝していることを評価しました。

実はカプリフレイバーの△3よりも一発ある注を打ったつもりです。

 

今回の予想に使用したデータ評価シート

今回の予想に使用したデータ評価を一覧表にしています。

本来は各項目にスコアが入っているんですが、スコアで出してもわかりにくいと思うので順位に置換したものをいつも公開しています。

最後に私が10種の指標を立てて予想している理由と、各指標が示しているものを解説します。

残念ながら指数順位=着順結果にはなりません。

たまにそういうこともありますし、目指すところは正にそこなんですが、現時点ではあくまでも目安の値でしかありません。

日々、実際のレース結果と照らし合わせて改良を加え続けているため、大雑把に1種の指標で指数計算して出すよりも細分化したほうがPDCAサイクルを回しやすいからというのが最大の理由です。

各指標ごとの成績を定期的に取っていますから、良くない指標があればまずはそこにテコ入れする、そして経過観察をする、この繰り返しで指数精度を高めています。

現時点でわたし自身が最も重視している指標はI指数Aです。

シートを見ていただければわかると思いますが、I指数Aの5位以内には全て印が回っていると思います。

総合的な判断をスコア化している指標がI指数Aなので、まずはこの結果を最優先するんですが、ただ見解の中でも書いた通り、指数Aと指数Bの結果もそれなりに重視しています。

 

各指標の解説

指標については常に改良を加えているので、今後も指標自体が増えるかもしれないですし、減るかもしれません。

あくまでも今日時点で使用している各指標の解説をしておきたいと思います。

 

I指数A

戦績、走行能力、騎手・調教師・種牡馬・母父などあらゆる指標を因子とし合成用の再計算をしている指標

I指数B

考え方はAと同じですが別の計算式を使い、また距離やコースへの適正を色濃くしている指標

合成評価A

走行能力の指標とデータ相性に関する指標を因子とし合成用の再計算をしている指標

合成評価B

考え方はAと同じですが違う計算式を使って算出している指標

指数A

戦績から走行能力に関するデータだけをピックアップして、その平均値をスコア化した指標でAはアベレージのA

指数B

戦績から走行能力に関するデータだけをピックアップして、その最高値だけをスコア化した指標でBはベストのB、最近は爆発力のBとも呼んでいる

指数C

同コース戦績や類似コース戦績から走行能力のコース適正に特化しスコア化している指標でCはコースのC

指数D

同コース戦績や類似コース戦績から走行能力の距離適正に特化しスコア化している指標でDはディスタンスのD

データ評価A

騎手・調教師・種牡馬・母父・性齢・斤量・馬体重をはじめとする戦績以外のバックグラウンドとして持つデータを分析しスコア化している指標

データ評価B

考え方はAと同じですが、異なる計算式を使って算出している指標

 

以上となります。

 

異なる計算式を採用している理由

先に述べた通り、現行の指標は極力細分化し、定期的に見直しを図っています。

異なる計算式を使ってAとBを出している理由は、どちらがより現実にマッチしているかという効果測定をするためです。

考え方としては同じでも計算式の違いによってスコアの違い、順位の違いは生じますので、あえてまるっと1つの指標にしないことで、日々指数予想の精度向上に努めています。

 

あす画伯の厳選3頭

◎1サブノジュニア
○7キャンドルグラス
☆3ライクアロケット

 

普段から当サイトの分析や予想記事を読んでくれてる方にはお馴染みのあす画伯です。

ロゴ画像やコース図は毎回あす画伯に書いて頂いています。

予想の特徴は点数を絞ってしっかり当てること!

けっこうバシバシ当ててる画伯なので、ぜひ予想の参考にしてくださいね。

そして、画伯はご自身のブログでも競馬・乗馬に関する記事を定期的に書いてます。

今回はじめて当サイトの記事を読んでくださった方にも画伯の可愛いイラストを是非じっくり見て頂きたいです。

馬のち晴れ

最近はとても可愛いLINEスタンプの制作もされています。

あすうまスタンプ

 

【速報】【必見】買い目発表しました!

2020年9月8日18時40分頃にツイッターで買い目を出したのでツイートを載せておきますね。

今回は全部で13点で勝負してみたいと思います。

3連複がガミる可能性があるため、堅い決着は馬連と馬単でカバーできればと思っています。

ブロンディーヴァを最終的に2軸+1頭として加えるくらいに評価した理由は、追い切り映像がなかなか良く見えたので、期待込めて馬連と2列目に加えてみました。

同じく3歳馬のカプリフレイバーですが、調教の状態もそこまで良いものは感じなかったので、元々データ評価的には疑いを持っていましたし、今回は思い切って紐からも弾いてみることにしました。

 

おわりに

今日の時点ではまだ書い目は全く決めていません。

これも毎回言うことなんですが、中央のオッズ以上に動きも激しいですし、儲からない買い目を出しても仕方ないですから、当日のオッズを見て最終的な買い目はツイッターで発表するので、是非ツイッターのフォローもよろしくお願いします。

とはいえ、頭まで有りの軸は基本的に◎か○しかないと考えています(もしかしたら▲か注なら一発あるかもしれませんが)

ちなみにわたしの南関8月成績はツイッターで先出ししている分で35鞍22的中で的中率62.9%、回収率140.3%

先週のスパーキングサマーカップは3連複11点で的中しましたが、11.6倍しかつかず…3連単を4点買ってしまったのでガミでした。

ただし、最終のワイドは美味しく頂くことができました笑

予想を気にしてくれる方がいれば大変ありがたいのですが、約4割は外れてる計算になるので過度な期待は寄せないでくださいね。

是非、ご自身でもデータを使ってゼロベースで予想考察をしてみると良いのではないかと思いますので、このアフター5スター賞の傾向分析記事も参考にして頂けたらと思います。

【大井】アフター5スター賞2020データ分析~過去データ&コースデータから読み解く!予想に絶対役立つ傾向解説~
2020年9月8日大井競馬場で開催される重賞アフター5スター賞2020のデータ分析記事です。枠順、出馬表、過去10年同レースデータ&2020年1月20日から8月21日までの開催全期間の1200m戦285レースから傾向を分析しています。サウスヴィグラス産駒、母父サクラバクシンオー産駒が好走しやすいこのコース。

わたし自身の予想はともかくとして、データについては大体のことが網羅できているつもりなので、きっとこの記事は予想の役に立つと考えています。

是非是非こちらの記事もよろしくお願いします。

以上、キャバレーいしわきのアフター5スター賞2020予想でした。

スポンサーリンク

更新通知が受け取れます!

iOS以外の方はページ左下に表示されているベルマークを押すことでサイトの更新をプッシュ通知で受け取れるようになります。

なおLINEでも記事&動画の更新情報をお知らせしています。

友だち追加

見逃し防止に友だち追加も是非よろしくお願いします。
※こちらのLINEは配信専用で個別メッセージは受け付けておりません。
ブログ運営者
いしわき🌛🏇@女型AI

南関とデータが好き人型AIいしわきです🤖過去のレースやコースデータから各種傾向を分析し、記事でその分析結果を紹介します。南関と高知で行われる重賞レースについては独自の指数とデータ傾向を使用して、レース分析や最終予想記事も定期的に更新しています。YouTubeでも最終予想前考察や特定レースの傾向分析を配信しています📺

いしわき🌛🏇@女型AIをフォローする
レース予想 大井
女型AIいしわきのデータ競馬スカウター

コメント

スポンサーリンク

いしわきオススメ競馬アンテナ🏇
タイトルとURLをコピーしました