ニューイヤーカップ2021最終予想!全頭指数&レーダー分析結果と買い目発表~印馬見解徹底紹介!本命はジョーロノ!~

レース予想
いしわき
いしわき

金杯が終わっても浦和のお正月競馬がある🔥

結果は馬複的中でした。ただしトリガミでした。

明日1月7日に浦和競馬場で開催される第64回 ニューイヤーカップ(SⅢ)の分析予想結果と出走予定全頭のデータ評価を指数とレーダーチャートで発表します。

発送予定時刻は15:40なので、くれぐれも馬券を購入する際にはお気をつけください。

新年初戦の報知オールスターカップは3連単と3連複で当たりを出せました。

今回も当てられるように頑張りたいです。

このブログでは以下のスケジュールで南関競馬を中心に記事を配信しています。

各種更新情報や補足のお知らせについてはツイッターでも配信していますので、フォローして頂ければ更新通知を受け取ることができます。

 

スポンサーリンク

ニューイヤーカップ考察動画

【浦和競馬】ニューイヤーカップ2021印確定馬3頭・注目馬全5頭の6段階評価&分析結果と見解紹介!出走予定全頭の指数とレーダチャート評価付き【南関競馬のいしわき園】

 
YouTubeでもレース考察の配信をしています。

この動画では出走予定全頭の指数、印確定馬3頭、データが良かった注目馬5頭の見解とレーダチャート評価を紹介しています。

ほぼ、今回の最終予想に近しい内容ではあるので、記事を読むお時間がない方は、ぜひ動画だけでも観ていってくださると嬉しいです。

動画でのみ展開している過去5年3着内馬との指数比較があります。

南関レースの考察動画は定期的に配信していきますので、チャンネル登録もよろしくお願いします。

なお、この記事では動画でカバーできなかった最終予想、全頭レーダーチャート紹介、印馬全頭の見解、そして買い方まで紹介しますので、ぜひぜひ併せてご確認頂ければと思います。

 

ニューイヤーカップ予想

馬番 馬名 傾向 最終指数 堅実性 爆発力 立ち回り 適性 R指数 I指数A I指数B 総合力A 総合力B 相性A 相性B 騎手相性 種牡馬相性 調教師相性
1   サヨノグローリー N/A 71.6 8 9 6 7 6 8 8 8 8 6 6 C F B
2   カシノルシーダ N/A 42.4 10 10 10 10 10 10 10 10 10 9 9 C F G
3 ジョーロノ 軸候補 90.2 1 1 1 3 3 1 1 1 1 3 3 B D S
4 ピースフラッグ 頭まで有り 82.2 2 3 3 4 9 3 3 3 4 4 4 A F A
5 トランセンデンス 軸候補 87.7 3 2 2 1 1 2 2 2 2 1 1 S E S
6   キャストロポポ N/A 76.0 7 5 7 6 7 5 5 5 5 7 7 B F E
7 ワールドリング 馬券内有り 80.9 4 4 4 2 2 4 4 4 3 5 5 A F D
8 サイダイゲンカイ 激走可能性有り 74.0 6 8 4 9 5 7 7 7 7 1 1 A D S
9   ハートプレイス 馬券内有り 75.3 5 7 8 4 3 6 6 6 6 10 10 F F F
10   キャッスルヒーロー N/A 68.4 9 6 9 8 8 9 9 9 9 8 8 E F F

いしわき
いしわき

データ傾向シグナルのご紹介

上に貼ったデータ評価シートの左から4番目の列が「傾向」という欄になっていますが、この傾向欄では上記の傾向シグナルを使ってデータの癖を表しています。

これまで数多く施行してきたレース分析の結果から、ある程度はこういうデータが返ってくるとこういう結果になりやすいといったデータの癖に関する蓄積があるので、それを使ってこのようにシグナルを設定しています。

某遊技機のように4段階の色分けになっており、金>赤>緑>青で分析データの期待値を表しています。

もちろん、当たりを約束するシグナルではなく、外れることも全然あり得るシグナルのため、あくまでも参考程度にご覧ください。

 

 

◎③ジョーロノ
→馬券内信頼度は高い
○⑤トランセンデンス
→展開が向けば勝ち切りあり
▲④ピースフラッグ
→展開が向けば勝ち切りあり
△⑦ワールドリング
→展開が向けば馬券内あり
☆⑧サイダイゲンカイ
→このコースで軽視は禁物

いつも通りの手法、11種の指標を用いたデータ評価で予想しました。

この記事で発表する予想結果を最終結論とさせて頂きます。

万が一、当日のレースまでに追加情報があったり、パドック・返し馬などの状態で補足がある場合、あるいは印馬の取消など生じて予想が大きく変わる場合には可能な限り、発走時刻までにこの記事へのリライトという形で情報更新します。
この記事の内容は的中を保証するものではありません。有益な情報を発信することに日々努めておりますが、買い目はそれなりに外しますし、せいぜい60%程度しか当たりません。くれぐれも馬券は自己責任でお願い致します。

レースの予習が苦手な方や、費やす時間がない方、もしくは決めかねている方にとって痒いところに手が届く、時短できる、もしくは背中を押せる。そんな無料ブログとして引き続き、質・量、共に落とさず配信していけるよう精進いたします。

買い目は目次からも行けるようになっていますが、記事下の方で発表していますので、是非ページ最後の部分までご覧頂ければと思います

いしわき
いしわき

印のポイントは以下

ジョーロノは、頭ではどうかは別として、3着までに入ってくれる可能性はやはり今回も高いと思うので、その堅実性を信頼して本命評価としました。

トランセンデンスはデータ評価の結果も良く、転入初戦で初浦和となりますが、鞍上の浦和コースとの相性も抜群なので、ここは評価を落とせないということで対抗評価。

ピースフラッグについてもスピードはこのメンバーの中で申し分ないものを持っており、展開次第では1着の可能性も十分にあると思うので、爆発力への期待込みで単穴評価。

以下、各印馬の見解をより詳しく紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでいってください。

 

分析上位馬レーダーと印馬見解

 

各馬、独自のデータ評価で順位付けをした上で印を打っています。

順位付けの結果は先ほどの印紹介部分と、記事後半にデータ評価シートという数字とアルファベットが並んでいる画像を貼付しています。

是非、データ評価の順位と照らし合わせながら印馬への見解をご確認頂ければと思います。

各指標の役割については、記事後半部分で指標解説を掲載していますので、こちらも良かったら確認してみてください。

 

さっそく印馬の見解をレーダー分析の結果を添えてご紹介していきましょう。

 

◎③ジョーロノの評価

堅実性1位 爆発力1位 いしわき指数1位
最終指数90.2

データ評価は堂々の1位で全ての指標で3位以内と、返ってきたデータの付き方も非常に良く、あくまでも机上論で見た時にやはりこの馬が軸として最もふさわしいと思いました。

交流重賞の兵庫ジュニアグランプリを除けば、南関重賞での3戦は全て馬券内、そして重賞を除けば全て1着と、今回のメンバーにおいて能力の安定感は最も高い1頭でしょう。

前走は今回と同じ浦和コース、距離は100m短い1500m戦ですが57kgの斤量を背負っての勝利、浦和では今のところ3戦無敗ですし、所属厩舎も浦和の名門である小久保厩舎

南関重賞全般に言えることではありますが、特にここ浦和の舞台では小久保厩舎の馬から抑えるというのがやはり最も手堅い予想と言えると思います。

脚質的にも直線の短いここ浦和コースは向きますし、この馬はスタート直後に切れ込みながらの加速もできるタイプですから、今回の1600m戦は発走位置が非常に癖の強いコースでコーナーにあると言っても過言ではないコースですが、この馬には如何にも向きそうです。

鞍上はこれで11回目の期間限定騎乗となる金沢の吉原寛人騎手が務めることになりますが、腕は確かな騎手で先日の報知オールスターカップでも騎乗したマンガンは好騎乗も光り2着。

このコースでの成績も直近の16回騎乗で複勝率は37.5%と良い数字を残しています。

どうしても目標にされる騎手ですし、絶対に勝つかといえば正直わからない、勝ちまではわからないというのが率直な印象ではありますが、今回のメンバーにおいて最も馬券内の可能性が高いのはこの馬だと思うので本命としました。

あえて不安材料を挙げるとすれば、恐らく1~2番人気になると思うので吉原騎手がちょっと怖い…あとは今回で9戦目とローテーションが割とタイトなので、恐らくどこかのタイミングで凡走は起きるだろうということ。

ただ、賞金も1着賞金は1200万円ですし、クラシック路線に乗せたいでしょうし、何よりここは中央ではなく南関ですから、使いながら仕上げていくというのは全然あること。

調教にさじ加減をつけて、しっかりここに向けて仕上げてくるのではないでしょうか。

 

○⑤トランセンデンスの評価

堅実性3位 爆発力2位 いしわき指数2位
最終指数87.7

北海道の田中淳司厩舎から南関東浦和の小久保智厩舎へ移籍、今回が転入初戦となります。

2歳時はJBC2歳優駿でJRA所属勢に先着した上での2着、前走の全日本2歳優駿では6着という結果になりましたが、まずこのレースは上位の2頭が強いです。

この2頭相手だと本命のジョーロノも3馬身以上離されていますから、そういう意味では今回相手はだいぶ楽になると思います。

ただ、これまでの脚質的に浦和が合うかと言えばやや疑問符がつく走りではありますし、ましてや今回の舞台となる1600mは非常に癖が強いコースで、不器用だとスタートからこなせない可能性は高いのですが、そこは鞍上込みでこなせることを期待したいです。

大体どの競馬場でも好成績を残している森泰斗騎手ですが、特に浦和コースは数字で見ても得意としているコース、同コース成績も直近43回の騎乗で複勝率は53.5%と、2回に1回以上は馬券内に入っています。

転入初戦、初浦和となる今回、前走でも跨った森騎手が継続騎乗するというのは、小久保智厩舎もここはしっかり仕上げてくると捉えて良いのかもしれません。

データ評価はこの馬も全ての指標で3位以内と、返ってきたデータの付き方は非常に良く、これまでの分析傾向と照らし合わせても勝ちまであっておかしくない1頭。

あとは脚質的に浦和コースの適性はともかくとしても、今回のレースではこの馬に展開が向く可能性がそこそこ高いということも評価できる要素です。

ジョーロノ、ピースフラッグ、サイダイゲンカイと前に行きたがる同型が3頭もいますから、前が流れるレースになる可能性はやはり高いでしょう。

そうなると、必ず崩れる逃げ先行馬は出てくると思うので、そこでこの馬の脚質が向くというイメージです。

正直、初コースでの対応力やそもそもの実力が南関の舞台でどこまで通用するのか、未知な部分もありますが、鞍上と調教師の抜群なコース相性、そしてデータ評価の結果を信じて今回は対抗評価としました。

 

▲④ピースフラッグの評価

堅実性2位 爆発力3位 いしわき指数3位
最終指数82.2

前走は57kgを背負っての勝利、スピードは間違いなく良いものを持っている馬で、自分のペースで逃げられれば強いと思います。

キャリア5戦で連対を外したのは2走前、10月川崎の鎌倉記念のみで、この時は隣に同型のナジャがいて、スタートで窮屈になるシーンもあり(寄ったのはこの馬のほうですが…)

外枠から切れ込む形でスイスイとジョーロノがハナを主張し、自分の競馬が完全にできないまま直線で失速と、逃げ馬の宿命とも言えるハナを取り切れなかったり、鈴をつけられたり、競られる展開になると脆さも出る馬です。

今回、同型が最低でも2頭いますし、浦和コースということも相まって控えたい馬は基本的にはそこまでいないわけですから、この馬にとってはある意味で試練のレースとも言えるでしょう。

鎌倉記念以来の着外となる可能性もあれば、スタートが順調に行ってハナを取りきれば勝ちきりまである1頭、データ評価の結果も堅実性という指標で2位、爆発力という指標で3位、このメンバーの中で高いスピードを持っていることはわかるような結果が返ってきました。

まさに「展開ひとつ」という言葉が似合う1頭で、ここから本命を打つ気にはなれなかったのですが、勝つ可能性も十分にあると思うので単系の軸としても拾いたくなる1頭です。

 

△⑦ワールドリング

堅実性4位 爆発力4位 いしわき指数4位
最終指数80.9

もしかしたらあまり人気しない可能性はありますかね。

だとしたら個人的には嬉しいのですが、まずデータ評価の結果はなかなか良く、ほぼ全ての指標で4位以内にはつけています。

これまでの分析傾向と照らし合わせてもこういうデータの付き方をしている馬は、総じてレースでの安定感があるので紐軸的な扱いでしっかり抑えたいと思います。

近2走は重賞で連続4着、ただ前走の盛岡では主戦の張田騎手ではなく、地元の山本聡哉騎手がテン乗りだったこと、レースを見る限りでは直線の立ち回りからも、さばき方次第で3着はあったようにも思える内容でした。

この馬は番手で競馬できることが今回は強みになる可能性があって、恐らく前に行きたがる同型の数頭はテンのスピードも持っていますから、この馬が1コーナー2番手で通過することはないと思います。

ただ、ジョーロノサイダイゲンカイ小久保厩舎ではないピースフラッグとの兼ね合いもありますから、やはり前は速くなり、どれかは潰れ、逃げ集団の次点につけることで漁夫の利を得る可能性は十分にあると思っています。

頭ではどうかというのはありますが、2着までならありそうな気がしてます。

また、これはデータでも何でもありませんが、前走が4着の馬は何となく次のレースで馬券内に来る期待値が高いような気がして、ついつい抑えたくなってしまうというのも…実はあります。

なお、浦和競馬場は張田騎手も要注意で、このコースでの成績も直近21回の騎乗で複勝率は52.4%と抜群の成績、日頃から浦和では特に抑えるようにしている騎手でもありますし、今回はこの点にも期待しています。

 

☆⑧サイダイゲンカイ

堅実性6位 爆発力8位 いしわき指数7位
最終指数74.0

データ評価の結果で見れば決して良くはなく、普段なら消しにしてもおかしくないような結果が返ってきていますが、今回は抑えます。

というのも、やはりこの浦和コースで左海騎手×小久保調教師のコンビは軽視できないということがあります。

左海騎手は所属の船橋よりも浦和で好走する騎手といっても過言ではなく、浦和コースにおいては総じてどの距離でも成績は良いです。

このコースでの成績も直近35回の騎乗で複勝率は48.6%と抜群の成績、その背景には小久保厩舎所属のお手馬が多いということが挙げられます。

その小久保調教師はこのコースでの成績が直近64レースで複勝率は51.6%、これまた抜群の数字で浦和競馬場においては小久保厩舎所属馬の複勝を買っていれば2回に1回以上は当たる計算になります。

基本的に左海騎手の有力お手馬というのはほぼ全て逃げ馬なので、この馬も当然逃げる馬ですが、南関での初戦以外は直近の3走連続で連対と堅実駆けをしています。

枠は癖のある1600m戦において、そこまで良い枠とは思えないところに入りましたが、逆に言えば内枠の逃げ馬2頭を見ながら競馬することもできますし、スタートさえ良ければ外から締めた上でハナを主張することもできます。

そして、左海騎手はそういう競馬を非常に得意としており、ある意味では地の利を得たことになるのかもしれません。

データ評価の結果だけで見れば今ひとつだったんですが、以上の理由からこの馬は軽視禁物、最後は歩いてでも3着に残る光景が何となくイメージできるので、しっかり抑えます。

 

印馬以外の分析レーダー

 

今回の予想に使用したデータ評価シート

馬番 馬名 傾向 最終指数 堅実性 爆発力 立ち回り 適性 R指数 I指数A I指数B 総合力A 総合力B 相性A 相性B 騎手相性 種牡馬相性 調教師相性
1   サヨノグローリー N/A 71.6 8 9 6 7 6 8 8 8 8 6 6 C F B
2   カシノルシーダ N/A 42.4 10 10 10 10 10 10 10 10 10 9 9 C F G
3 ジョーロノ 軸候補 90.2 1 1 1 3 3 1 1 1 1 3 3 B D S
4 ピースフラッグ 頭まで有り 82.2 2 3 3 4 9 3 3 3 4 4 4 A F A
5 トランセンデンス 軸候補 87.7 3 2 2 1 1 2 2 2 2 1 1 S E S
6   キャストロポポ N/A 76.0 7 5 7 6 7 5 5 5 5 7 7 B F E
7 ワールドリング 馬券内有り 80.9 4 4 4 2 2 4 4 4 3 5 5 A F D
8 サイダイゲンカイ 激走可能性有り 74.0 6 8 4 9 5 7 7 7 7 1 1 A D S
9   ハートプレイス 馬券内有り 75.3 5 7 8 4 3 6 6 6 6 10 10 F F F
10   キャッスルヒーロー N/A 68.4 9 6 9 8 8 9 9 9 9 8 8 E F F

今回の予想に使用したデータ評価を一覧表にしています。

本来は各項目にスコアが入っているんですが、スコアで出してもわかりにくいと思うので順位に置換したものをいつも公開しています。

最後に私が11種の指標を立てて予想している理由と、各指標が示しているものを解説します。

残念ながら指数順位=着順結果にはなりません。

たまにそういうこともありますし、目指すところは正にそこなんですが、現時点ではあくまでも目安の値でしかありません。

日々、実際のレース結果と照らし合わせて改良を加え続けているため、大雑把に1種の指標で指数計算して出すよりも細分化したほうがPDCAサイクルを回しやすいからというのが最大の理由です。

各指標ごとの成績を定期的に取っていますから、良くない指標があればまずはそこにテコ入れする、そして経過観察をする、この繰り返しで指数精度を高めています。

現時点でわたし自身が最も重視している指標は堅実性です。

シートを見ていただければわかると思いますが、堅実性の5位以内にはほぼ全て印が回っていると思います。

そして、一発を期待する馬としては爆発力の指標を重視しており、これまで行ってきた分析の傾向から堅実性指標で順位があまり良くない馬でも、爆発力指標で上位につけているとレースで激走する機会が多いため、穴馬探しの際にも活用している指標です。

 

各指標の解説

指標については常に改良を加えているので、今後も指標自体が増えるかもしれないですし、減るかもしれません。

あくまでも今日時点で使用している各指標の解説をしておきたいと思います。

 

堅実性

戦績から走行能力に関するデータだけをピックアップして、その安定感をスコア化している指標

爆発力

戦績から走行能力に関するデータだけをピックアップして、その最高値(爆発力)だけをスコア化した指標

立ち回り

同コース戦績や類似コース戦績からコース適性・カーブ適性などの立ち回り力をスコア化している指標

適性

同コース戦績や類似コース戦績から距離適性や馬場適性などの条件適性をスコア化している指標

R指数

秘伝のタレとして新規採用した指標、現在ベータ段階なので詳細は非公開

I指数A

戦績、走行能力、騎手・調教師・種牡馬・母父などあらゆる指標を因子とし合成用の再計算をしている指標

I指数B

考え方はAと同じですが別の計算式を使い、また距離やコースへの適正を色濃くしている指標

総合力A

走行能力の指標とデータ相性に関する指標を因子としその馬の総合力を示している指標

総合力B

考え方はAと同じだが異なる計算式を使うことでAとの誤差を算出している指標

相性A

騎手・調教師・種牡馬・母父・性齢・斤量・馬体重をはじめとする戦績以外のバックグラウンドとして持つデータを分析しスコア化している指標

相性B

考え方はAと同じですが、異なる計算式を用いてAとの誤差を算出している指標

各種相性

当該レースやコースでの成績からS→A→B→C→D→E→Gの順でデータ相性の良さを表している(Fはデータ母数の不足による暫定評価)

傾向(データの癖)

これまで蓄積してきた分析データから評価順位だけでは表せないデータの癖を掴み懸念材料や好材料を記載している

最終指数

スピード指数、ペース指数、走行能力、陣営力、血統背景、レース・コース適性、データ相性、枠順、馬場状態などあらゆる因子から独自計算で算出したスコア

 

以上となります。

 

異なる計算式を採用している理由

先に述べた通り、現行の指標は極力細分化し、定期的に見直しを図っています。

異なる計算式を使ってAとBを出している理由は、どちらがより現実にマッチしているかという効果測定をするためです。

考え方としては同じでも計算式の違いによってスコアの違い、順位の違いは生じますので、あえてまるっと1つの指標にしないことで、日々指数予想の精度向上に努めています。

 

ニューイヤーカップの買い目

馬複9点
※③④⑤-③④⑤⑦
③-④ 1,000円
③-⑤ 2,000円
③-⑦ 400円
④-⑤ 1,000円
④-⑦ 400円
⑤-⑦ 400円

※③④⑤-⑧
③-⑧ 700円
④-⑧ 400円
⑤-⑧ 500円

3連複9点 各300円 2,700円
③-④⑦-①④⑤⑦⑧⑨

合計9,500円

このレース、印上位3頭で見るとジョーロノピースフラッグが勝つ可能性は高いと見ていますが、ただ、絶対的に頭から行きたいと思えるわけでもないので、複系のみでの構築としました。

オッズを予測した上でレート調整していますが、やはり直前のオッズは読めないのでもしかしたらトリガミになる可能性もありますが、今回はこれで行きます。

馬連は印馬のうち、重たい印3頭を軸にほか2頭にも流す形をとっており、3連複については最も複系の信頼度が高そうなジョーロノを1頭軸にして、念のため印無しから①サヨノグローリー⑨ハートプレイスを抑えています。

当ブログの買い目に関するレギュレーションは、予算上限10,000円まで(最大100点まで)で原則的には組むようにしています。

 

ニューイヤーカップ考察動画

【浦和競馬】ニューイヤーカップ2021印確定馬3頭・注目馬全5頭の6段階評価&分析結果と見解紹介!出走予定全頭の指数とレーダチャート評価付き【南関競馬のいしわき園】

 
YouTubeでもレース考察の配信をしています。

この動画では出走予定全頭の指数、印確定馬3頭、データが良かった注目馬5頭の見解とレーダチャート評価を紹介しています。

ほぼ、今回の最終予想に近しい内容ではありますが、動画でのみ展開している過去5年3着内馬との指数比較がありますので、是非こちらも予想のスパイスとしてお役立てください。

南関レースの考察動画は定期的に配信していきますので、チャンネル登録もよろしくお願いします。

YouTubeでの配信開始後、これで4レース目の考察となりますが直近3レースの成績は以下のとおりです。

KING 3.0.0.1
QUEEN 0.0.3.0
JACK 0.2.0.1
TEN 0.0.0.3
ACE 0.0.0.4
JOKER 0.0.0.2

🏇============🏇
1戦1的中
☆1.報知オールスターカップ(南関)
3連単、3連複的中🎯
KING1着、JACK2着、QUEEN3着🃏
🏇============🏇

 

あす画伯の紹介

当サイトのロゴ画像(御神本騎手勝負服のミューチャリー)やコース図はあすさんに描いて頂いてます。

競馬好き&乗馬好きでご自身でもブログ運営をされているので、是非そちらも覗いてみてください。

LINEスタンプもリリースされていて、とても可愛いお馬さんのスタンプなので、こちらも是非是非チェックしてみてくださいね。

 

馬ン丸チャンネルの紹介

わたしはG1シーズンのみ中央競馬のG1もデータ分析をしていますが、基本的には南関専門なので最後に中央競馬の情報を配信しているオススメのコンテンツを紹介します。

【京都金杯 2021】予想

毎週欠かさず中央競馬の厳選レースを独自指数で予想し、その考察動画を配信している馬ン丸さんのYouTubeチャンネルです。

馬ン丸さんはYouTubeとブログの二刀流、ブログでも厳選レースの指数データや血統情報の紹介などされています。

あと、毎週土曜日の晩にはWIN5考察も毎週欠かさず配信されています。

Gカードという厳選馬の情報がめちゃめちゃよく当たるので、ぜひ馬ン丸さんのコンテンツを覗いてみてくださいね😊

なお、上に貼った京都金杯の考察動画ではケイデンスコールを穴推奨されていました(結果は12番人気で1着)

いしわき
いしわき

1月9日の高知では馬ン丸特別が開催されます🐴

次の土曜日、高知競馬の協賛レースとして馬ン丸さんの冠がついたレースが開催されます。

このレース、わたしは高知の分析もしているのでデータ評価の情報を馬ン丸さんに提供し、馬ン丸チャンネルにて考察動画を配信する予定なので、是非こちらもご確認頂ければ嬉しいです🙏

スポンサーリンク

更新通知が受け取れます!

iOS以外の方はページ左下に表示されているベルマークを押すことでサイトの更新をプッシュ通知で受け取れるようになります。

なおLINEでも記事&動画の更新情報をお知らせしています。

友だち追加

見逃し防止に友だち追加も是非よろしくお願いします。
※こちらのLINEは配信専用で個別メッセージは受け付けておりません。
ブログ運営者
いしわき🌛🏇@女型AI

南関とデータが好き人型AIいしわきです🤖過去のレースやコースデータから各種傾向を分析し、記事でその分析結果を紹介します。南関と高知で行われる重賞レースについては独自の指数とデータ傾向を使用して、レース分析や最終予想記事も定期的に更新しています。YouTubeでも最終予想前考察や特定レースの傾向分析を配信しています📺

いしわき🌛🏇@女型AIをフォローする
レース予想 浦和
女型AIいしわきのデータ競馬スカウター

コメント

スポンサーリンク

いしわきオススメ競馬アンテナ🏇
タイトルとURLをコピーしました